臨床心理学専攻(修士課程)

多彩な教授陣と実習現場を通して、理論と実践を学ぶ。

社会のさまざまな心理臨床の分野で活躍する高度専門職業人(臨床心理士)と、臨床心理学の実践と科学に関わる研究者の養成を目的としています。
専任教員は、心理臨床、カウンセリング、精神医学等の第一線で活躍中の専門家です。広範囲な理論と実習、研究倫理に基づく修士論文の指導体制が整っています。医療・発達・教育に関わる豊富な実習現場と学内の臨床心理相談室における実習教育にも特色があります。
大学院修了後すぐに臨床心理士試験が受験できます(第一種指定校)。修了生のほぼ全員が臨床心理士資格を取得し、臨床心理関係の専門職について社会で活躍しています。また、博士後期課程(人間福祉専攻)への進学も可能です。

アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)

心理学に関して、4年制大学の心理学科卒業程度の臨床心理学領域を中心とした知識・技能を習得していること、および心理学に関する基礎的な英語文献を理解できるレベルの英語力を有していることを受け入れの基準としている。具体的には、専門科目、英語に関する筆記試験および面接を実施している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

心のケアの専門家である臨床心理士を養成するという方針に基づいたカリキュラムを編成。近年の臨床心理学へのニーズの多様化、高度化に対応するために、臨床心理学の期間を習得する「専門基幹科目」、それらをより深く展開する「専門展開科目」、臨床実践に関する「実習科目」および修士論文の指導を行う「研究指導科目」で構成している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻は学位授与の方針として、心のケアの専門家に必要とされる知識・技能および基礎的な研究力を習得すること、と設定している。現代社会においてウェルビーイングを実現することができる人材の養成という人間社会研究科の教育目標を踏まえている。

臨床心理学専攻詳細情報

臨床心理学とは

臨床心理学について解説しています。


授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

臨床心理学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


法政大学学術研究データベース

臨床心理学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

臨床心理学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。


修了生研究テーマ

臨床心理学専攻修了生の研究テーマを紹介しています。


進路

臨床心理学専攻修了生の進路を紹介しています。


修了生・教員・在学生からのメッセージ

受験生に対するメッセージを掲載しています。