機械工学専攻(修士課程・博士後期課程)

21世紀においても産業・先端技術を支えるキー・テクノロジーは機械工学が担う。

今、産業界はめざましく変化していますが、時代が変化しても、機械工学が産業を支えるキー・テクノロジーであり続けることに変わりはありません。機械工学科、大学院機械工学専攻は時代に対応して、常にカリキュラムを革新し、21世紀の産業と市民社会の期待に応えうる技術のプロフェッショナルの育成を目指しています。

特色

機械工学の柱となる材料力学、機械力学、熱力学、水力学などの専門科目に加えて、機能性材料、宇宙工学、環境エネルギー工学などの先端的な講義の履修や研究指導を通して、幅広い視野を持った高度な技術者や研究者の育成を行っている。

目標

  • 機械工学専攻博士前期(修士)課程:機械工学に関する高度な専門知識を有し、高度な研究・開発を担うことのできる機械技術者や研究者の育成
  • 機械工学専攻博士後期課程:独創的な研究能力を備え、高度な研究、開発を担うことのできる機械技術者や研究者の育成

機械工学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

機械工学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


教員紹介(教員からのメッセージ)

機械工学専攻の専任教員が、任意で受験生にメッセージを寄せています。


法政大学学術研究データベース

機械工学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

機械工学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。