情報電子工学専攻(修士課程・博士後期課程)

情報電子工学分野の高度な技術者・研究者を目指して。

情報電子工学は高度情報化社会を支える基盤技術であり、最近の目覚しい技術革新に伴い、ますますその内容は高度化しつつある。本専攻の研究分野は「通信工学」、「情報処理工学」、「計算機応用工学」、「電子デバイス工学」から構成されている。「通信工学」では、マイクロ波や光波による情報通信とコンピュータネットワークを、「情報処理工学」では、信号・画像処理、アルゴリズム、およびソフトウェア生産の方法論を研究対象としている。「計算機応用工学」では、集積回路とコンピュータアーキテクチャ、さらにはコンピュータシミュレーションを、また「電子デバイス工学」では、情報電子材料、情報電子デバイスを研究対象としている。

特色

本専攻は電子情報通信分野の多彩な教授陣を有し、学会誌や国際会議での論文発表等の研究活動も活発である。毎年受験者数は多く、卒業生は情報・通信・電子工学関連の企業で、第一線の開発・研究に携わっている。

目標

本専攻は、高度な情報電子工学分野の教育と研究を通じて、幅広い専門基礎学力と独創的能力を持ち、この基盤技術の今後の発展に指導的役割を担うことのできる高度な技術者・研究者を育成することを目標とする。

情報電子工学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

情報電子工学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


教員紹介(教員からのメッセージ)

情報電子工学専攻の専任教員が、任意で受験生にメッセージを寄せています。


法政大学学術研究データベース

情報電子工学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

情報電子工学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。