工学研究科(小金井キャンパス)
( 2013年度より理工学研究科に改組、学生募集停止。 )

近年の先端技術分野の発展にみられるように、わが国の科学技術の進歩はめざましいものがあります。かつて、わが国の科学技術の多くは欧米先進国から学んだ時期がありました。しかし、今日では欧米を含めて全世界の指導的役割を担う技術分野が急速に拡大しつつあります。このため、わが国の産業界からはもちろんのこと、国外からも独創的能力をもつ高度な技術者・研究者の育成が強く望まれています。
このような社会の要請に応えるため、2013年4月より工学研究科を理工学研究科に改め、機械工学専攻、電気電子工学専攻、応用情報工学専攻、システム工学専攻、応用化学専攻、生命機能学専攻の6専攻体制に再編。それぞれに修士課程および博士後期課程を設置し学部学科と大学院研究科専攻の一貫性を再構築し、6年一貫の専門教育とこれに続く博士後期課程における研究者育成を行える体制を強化するとともに、他大学から、あるいは一旦社会人となった後にさらなる高度教育を希望する社会人から、さらには外国人留学生のからの進学希望者の受け入れ環境を整備しました。
これまでの工学研究科における方針を継承し、高度な知識と、不断に最新の専門的技能を磨く、高い専門性と職業意識を身に付けた「自立型人材」の養成に重点を置いた教育と研究指導を行います。なお、社会人および外国人留学生の受け入れに関しては、教育プログラムの整備とともに、特別入学制度を充実させ、積極的に受け入れていく方針です。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。工学研究科の3つのポリシーはこちらです。


機械工学専攻

機械工学の柱となる材料力学、熱力学、水力学などの専門科目加え、機能性材料、宇宙工学、環境エネルギー工学などの先端的な講義や研究指導を行っています。


物質化学専攻

材料化学、理論化学、物質プロセス工学、人間環境化学の4研究分野を設置。様々な産業界、研究機関等における研究者、基幹技術開発者として活躍できる人材を養成します。


生命機能学専攻
(生命機能学領域・植物医科学領域)

微生物・植物・動物の「細胞個性学」と「分子個性学」を特徴とする新しい生命科学=「生命機能学」を学習します。ゲノム・タンパク質・細胞・生命システム・基盤植物医科・実践植物医科という6つの分野を設け、教育・研究を行います。


電気工学専攻

集積回路、半導体デバイス、物性、情報などの工学分野に重点を置き、最新設備を利用しながら現代の科学技術を支える先端技術の基礎から応用まで研究教育を行っています。


情報電子工学専攻

通信工学、情報処理工学、計算機応用工学、電子デバイス工学を研究分野としています。