物質化学専攻(修士課程・博士後期課程)

21世紀を担う先端材料の開発とプロセスの確立および生命・環境との共生を目指す。

生体の持つ優れた機能の理解を基礎とした生命科学および環境と共生する環境科学の知識の上に、化学的手法を用いた新たな低環境負荷型機能性材料などの高機能材料やプロセスの開発、生体機能の人工的創成、人間環境の評価を目指す総合的・学際的な教育・研究を行います。

特色

「化学」・「生命」・「環境」が学べ、具体的には「材料化学」、「理論化学」、「プロセス工学」、および「人間環境化学」の4分野が設置され、各自の発想力およびプレゼン力を高めるカリキュラムで構成されています。

目標

21世紀を担う先端科学関連産業の要求に応える高機能材料の開発およびそれらプロセスの確立と、生命・環境との調和を可能とする知識、発想力を有する高度科学技術者および研究者の育成。

物質化学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

物質化学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


教員紹介(教員からのメッセージ)

物質化学専攻の専任教員が、任意で受験生にメッセージを寄せています。


法政大学学術研究データベース

物質化学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

物質化学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。