HOME > 研究科・専攻 > 経済学研究科(市ケ谷・多摩)

経済学研究科(市ケ谷・多摩キャンパス)

多彩な教授陣と充実した教育プログラムで、社会人や研究者の要望に応える。

経済学研究科は、1951年の創設以来、一流の教授陣のもと、多くの優れたエコノミスト、研究者を輩出してきました。1992年には他大学に先駆けて夜間社会人大学院を設置し、2003年には博士後期課程を昼夜開講制にするなど、つねに時代や社会の新しいニーズに応え続けてきました。2014年度からは、多様化の進展と共に高度に専門化する21世紀のグローバル社会に対応できる人材養成をこれまで以上に推し進めるために、研究基礎力の徹底と先端的な研究の遂行力を培う、よい質の高い教育プログラムを提供します。

具体的には、従来からある修士(M.A.)プログラムに加え、新たに「博士論文研究基礎力審査(QE)」を導入することにより、博士5年(Ph.D.)プログラムを始めます。

「博士論文研究基礎力審査(QE)」とは、専攻分野に関連する基礎力素養とその分野に対する専門知識・能力についての試験と、博士論文研究を主体的に遂行するために必要な能力についての審査をいいます。より具体的には、次の試験・審査からなります。

(1) 専攻分野とその関連分野の専門的知識・能力を評価するための筆記等による試験
(2) 博士論文研究を行う分野に係る研究の背景や意義、展望に関する知識や、課題を設置し研究を推進する能力等を
    評価するための研究計画書の提出及び口述試問等による。

経済学研究科では、

(1)に該当する試験として2分野対象の包括的試験の「QE筆記試験」
(2)に該当する審査として「QE口述試験」を行う。

QE筆記試験について
  QE筆記試験では、次の5科目についてガイドラインが定められています。
  受験される方は、ご確認ください。


「QE口述試験」受験資格は、

(A) 「QE筆記試験」2分野の合否判定
(B) 「専攻分野コースワーク」6科目12単位の履修においてGPA「3」以上
(C) 上記(2)にある能力を示す「研究計画書」の提出

研究分野コースワークの教育目標・教育内容・教育方法

【教育目標】 博士後期課程進学後の研究遂行のための基礎力の涵養、特に研究動向の把握や研究推進力の向上
【教育内容】 博士後期課程進学後、学会や学術雑誌において発表可能な研究の基礎となる文献サーベイ、文献研究
                  など、あるいはそれらの理解に必要な学術的知識
【教育方法】 科目が扱う研究分野の文献リストの配布、文献に対するディスカッション、科目履修の成果としての文献
                  サーベイを中心としたTerm Paper を作成させるなど、その分野の大学院用の教科書や研究書を使った
                  講義など

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。経済学研究科の3つのポリシーはこちらです。


経済学専攻

市ヶ谷と多摩キャンパスで開講。経済学、統計学、経済史などの基本科目をはじめ、経済地理や社会政策などの選択科目が開講されています。また、経済理論(ミクロ・マクロ)では上級レベルも開講しています。