経営学研究科(市ケ谷キャンパス)

これからの時代を担う企業経営と経営学のプロフェッショナルへ。

経営学研究科は、現実の企業経営を題材としながら、組織とその中で繰り広げられる人間の営みを研究し、その成果を教育することを目的として設立された研究科です。
組織や人間の営みは多様であり、単に現象を追うだけでは、現実の世界で日々生じる複雑な現象の洪水に溺れてしまいます。しかし、表面上は異なって見える現象でも、その根源を探求していくと、共通した原理にたどり着くことがしばしばあります。混沌とした現実をより深く理解するには、原理(理論)を知っていることが重要です。理論を学び、何が重要であるかを見極めることによって、現実の理解を深めていくことが可能になるのです。経営学研究科が目指しているのは、このような思考のできる人材の育成です。
経営学専攻では、修士課程、博士後期課程ともに、昼間コースと夜間コース(社会人向け)の2つを設けています。修士課程夜間コースは1992年に設立され、既に700名弱の人を超える卒業生(経営学修士:MBA)を輩出しています。また、博士後期課程夜間コースでは、社会人が働きながら博士の学位を取ることができます。本研究科は、経営学を学びたい人たちに多様な選択肢を用意していると言えるでしょう。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。経営学研究科の3つのポリシーはこちらです。


経営学専攻

経営の基礎から応用までの理論的なアプローチに加え、現実の企業活動や社会現象を実証的に分析するための様々な手法が学べます。


経営学専攻夜間コース

実務に関する様々な理論が学べる5つのコースがあります(企業家養成コース、国際経営コース、人材・組織マネジメントコース、マーケティングコース、アカウンティング・ファイナンスコース)。


経営学専攻独自ホームページ

経営学研究科では独自のホームページを開設しています。経営学研究科に関してさらに知りたい方は、参考にしてください。