心理学専攻(修士課程、博士後期課程)

認知と発達を核とし、幅広い心理学の専門的能力を身につけ、社会貢献できる人材を育成。

特定の領域に閉じることなく、心理学のさまざまな領域を学べるよう、教員が集団で指導にあたります。全院生と全教員との相互交流も活発で、多様な観点から心理学を学ぶ機会を大切にしています。基礎的な知識の習得はもちろん、実験・検査・面接、調査や統計など、さまざまな心理学研究法に関する技術を身につけ応用できるカリキュラムになっています。
2011年度からは昼間課程として秋と春に社会人入試を導入。実社会ですでにさまざまな心理学的問題と取り組んでいる人たちとともに学ぶことを通して、社会に役立つ実践力を身につけることを目指します。学内のライフスキル教育研究所とも連携し、エビデンスに基づいた研究実践を展開します。

特色

  • 知覚・睡眠・発達・発達臨床・言語・教育・行動分析・犯罪・社会・記憶・学習・音声学など多様な領域のエキスパートによる集団指導体制をとっています。
  • 心理学の研究法の習得を通して、高度なコンピュータ・リテラシー、文章表現力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力が身につきます。

目標

心理学のさまざまな領域の専門知識を習得し、それを実践的に応用する力を育成します。講義だけでなく演習系の授業にも重点を置き、プロジェクト的に課題に取り組んだり、院生自らの研究成果を適切に情報伝達できる技能を伸ばします。院生・教員相互のディスカッションを通じて、情報を吟味し、論理的に考える能力開発にも努めます。これらにより、研究職を目指すだけでなく、学校や家庭、社会におけるさまざまな心理的問題に対処できる人材を育てます。

心理学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

心理学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


授業・履修について(市ヶ谷大学院)

授業・履修に関する情報、学位論文提出等に関する情報を掲載しています。


学費・奨学金・研究助成制度(共通)

学費の値下げ、助成制度の拡充など、学びやすい環境を実現しています。


学生生活について(共通)

学生生活を充実するためのサポート情報、各種申請書等を掲載しています。


学生生活について(共通)

学生生活を充実するためのサポート情報、各種申請書等を掲載しています。


心理学専攻独自HPページ

心理学専攻が独自で運営しているホームページは、こちらから入ってください(別のウェブサイトにて展開しています)。