国際日本学インスティテュート(修士課程、博士後期課程)

“学際”と“国際”─ 枠を超えて学び、国を超えて交流する大学院。

日本の美術・工芸の持つ、緻密さと大胆さ。文芸やマンガ・アニメに描かれる、優しさと暴力。ポピュラー・カルチャーの持つ、猥雑さと洗練。南の沖縄から北のアイヌ民族、そして多彩な在日外国人たちとともに作り上げてきたさまざまな文化が融合する多様性。

一つではない「日本」は一つの学問領域では捉えきれません。外からの目、外との比較で見えてくることがあります。人文学・社会学のさまざまな分野を専門とする教員と、多くの国から集う仲間とともに、従来の考え方にとらわれない自由な発想と方法で、新たな日本の貌を発見しようとする──そんな知的探究の場がここにあります。

 特色

  1. 伝統的な文学・史学などの枠を超えた新しい切り口と研究手法を選ぶことができます。そのため、従来の大学院組織では困難だった課題をもって入学することができます。 半数近い外国人学生との交流、多数の外国人教員からのアドバイスにより、豊かな国際性を身につけることができます。
  2. 入学者は10以上の演習のどれかに所属します。多様なアプローチが可能です。また、法政大学大学院に置かれた多数の授業科目の受講が可能です。
  3. 全員参加の合同演習と英語・日本語による学術的表現の訓練など、カリキュラム体系が整っています。選択の自由を保障しながら、学生の知的能力を一定の水準に導きます。
  4. インスティテュート博士後期課程の学生は国際日本学研究所の学術研究員となり、研究成果の発表、学術的会合の参加などの機会が提供されます。

目標

  1. 日本列島に展開する多様な文化を研究テーマとする専門家、高度な教養をもつ社会人の養成。
  2. ライフ・ワークとしての研究課題をもつ社会人、趣味に学術的な裏付けを与えたい社会人の指導と助言。
  3. 高等教育の場で、日本語教育・日本文化関連教育にあたる専門家の養成と再教育。

国際日本学インスティテュート詳細情報

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。国際日本学インスティテュートの3つのポリシーはこちらです。


授業科目と担当教員

国際日本学インスティテュートで設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

国際日本学インスティテュートの年間授業内容・計画を公表しています。


授業・履修について(市ヶ谷大学院)

授業・履修に関する情報、学位論文提出等に関する情報を掲載しています。


学費・奨学金・研究助成制度(共通)

学費の値下げ、助成制度の拡充など、学びやすい環境を実現しています。


学生生活について(共通)

学生生活を充実するためのサポート情報、各種申請書等を掲載しています。


学生・修了生の声(共通)

学生・修了生の声を掲載しています。


国際日本学インスティテュートパンフレット