HOME > 研究科・専攻 > 法学研究科(市ケ谷キャンパス)

法学研究科(市ケ谷キャンパス)

 法学研究科では、現代社会における多様な問題を法的に分析し、最善の解答を求めることができる能力の涵養を目指しています。社会に生起する紛争(「もめごと」)に対しては、多様な法的観点からの分析が可能であるが、法学研究科では、法学部で修得してきた基礎的知識を前提としつつ、それを柔軟に解釈・適用しうる能力を身に付けるべく、多彩な講義・演習科目を展開しています。学生はそれぞれの希望に応じて、各分野における最新で十分な知識を得ることが可能であり、研究者としての十分な基礎力を養うこともできるでしょう。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。法学研究科の3つのポリシーはこちらです。


法律学専攻

法律学専攻は、現代社会の多様な問題を法的に分析し、法的な思考過程を経て最善の解答を生み出す能力を養成します。詳細に関しては、法律学専攻の詳細情報を確認してください。