建築学専攻(修士課程、博士後期課程)

私たちを取り巻く環境を究め、デザインする:家具、部屋、建物、都市空間まで。

本専攻の目的は、建築に関する専門知識と先端技術を土台として、学際的視点に立った建築と都市に関する総合デザイン学を開拓、研究するとともに、これを身につけた建築と都市に関わる専門職業人(建築家、建築技術者など)の育成と、これに加え、さらに高度な企画開発能力を有する教育(指導)者、研究者を養成することにあります。本専攻は、比較的大きな規模を備え、長年にわたって多くの人材を社会に送り出してきました。これは、学部からの進学率が高い上に、他大学、他学部からの入学者も多いことによります。その傾向は、年々増加しています。不断の進化に挑戦する建築学専攻はあなたの建築に対する若い情熱を求めています。

特色

  1. (1)建築デザイン、(2)建築・都市史、(3)建築構造、(4)建築環境、(5)建築構法の5分野を過不足なく網羅した多様な教育と研究
  2. 募集対象や修了年限が異なるコース別入学制度(選抜1年コース、総合2年コース、キャリア3年コース)による開かれた教育環境
  3. 国際建築資格を視野に入れたスタジオにおける徹底したデザイン教育
  4. 1級建築士の実務認定を在学中に得られる豊富なインターンシップカリキュラム
  5. 海外の建築動向を肌で体験する海外交換研修プログラム

本専攻の学習・教育プログラムは、2013年度の日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けています。
プログラム区分:建築系学士修士課程
プログラム名称:建築デザインプログラム

目標

■ 本専攻では次の5項目にわたる素養や能力の育成を目指しています。

  1. 建築に関わるデザイン目標の発見とそのコンセプトを設定する能力―企画・立案能力
  2. 高い個別専門技術を組み合わせ、建築を総合的にデザインする能力―デザイン能力
  3. 建築の問題を幅広い観点から捉え、解を自主的・継続的に見いだす能力―問題解決能力
  4. 建築デザインの社会的責任を理解し、不測の事態にも誠実に対処する姿勢―職業的倫理
  5. 人類の遺産である建築・都市に関する歴史と文化を理解する素養―歴史と文化への理解
建築学専攻(修士課程、博士後期課程)

建築学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

建築学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


教員紹介(教員からのメッセージ)

建築学専攻の専任教員が、任意で受験生にメッセージを寄せています。


法政大学学術研究データベース

建築学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

建築学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。


デザイン工学部・研究科独自ウェブサイト

デザイン工学研究科では、独自のウェブサイトを展開しています。