HOME > 研究科・専攻 > デザイン工学研究科(市ケ谷)

デザイン工学研究科(市ケ谷キャンパス)

 今までの、工学研究科建設工学専攻・システムデザイン研究科を改組・統合し、デザイン工学研究科が誕生しました。デザイン工学研究科では地球環境の保全とサスティナブル社会の創出、及び新しい文化的価値の創造などを目標とする総合デザインに関する研究とその理念に資する人材の養成を目指しています。これを支える専攻分野は、自然科学、認知科学、人間工学、美学などの共通知識基盤と工学の先端専門技術を融合した総合的な、建築学、都市環境デザイン工学、システムデザイン学です。本研究科では、7項目にわたる素養や能力:(1)企画・立案能力、(2)デザイン能力、(3)問題解決能力、(4)職業的倫理、(5)歴史と文化への理解、(6)地球環境への理解、(7)表現・伝達能力などの育成を教育の基本目標として掲げ、各専攻はこれを実践的で革新的なカリキュラムによって具体化し実現しています。従って、本研究科の修了生こそは総合デザイン力を身に付けた貴重な人材として、多様化・複雑化した新しい時代の困難な要請にも果敢に対応して行けるものと信じます。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。デザイン工学研究科の3つのポリシーはこちらです。


建築学専攻

建築に関わる5つの項目の素養や能力を養うことを目指しています。建築と都市に関わる専門職業人(建築家、建築技術者)、教育・指導者、研究者の養成をしています。


都市環境デザイン工学専攻

社会基盤などを設計・建設・整備する最先端の手法を習得し、生活を守る防災技術者や自然生態系等の調和を図りながら環境を保全・再生していくことのできる技術者の養成を目指しています。


システムデザイン専攻

様々な側面から総合的にユーザビリティを追究。新しい時代を切り拓く分野を担っていくために、一つの専門に偏った研究者ではなく、複雑な社会に存在する諸問題を、多面的に、俯瞰的に見ることのできる技術者や研究者を育成します。


デザイン工学部・研究科独自ホームページ

デザイン工学研究科では、独自のホームページを展開しています。