キャリアデザイン学研究科(市ケ谷キャンパス)

専攻から研究科へ

キャリアデザイン学専攻は、2005年日本で初めて『キャリアデザイン学』を創造するユニークな専攻として本大学院経営学研究科に設置されました。
本専攻では、経営学、教育学などから構成される学際的な学問領域に『キャリアデザイン学』を構築しこれを教育・研究すること主眼とし、企業の人事労務管理者、人材ビジネスで働くスタッフ、雇用の流動化を背景にして活躍するキャリアコンサルタントやキャリアカウンセラー、公共職業紹介や公共職業訓練の場で生涯職業能力開発を中心とするキャリア形成支援にあたる専門職、学校や教育機関でキャリア教育を実践する教員や進路指導職員スタッフ、NPOや公共文化施設等で市民の生涯キャリア発達支援能力をもった職員等々を対象に、理論に裏付けられた実学を身につけてもらうことにより、社会からの人材需要に対応してきました。
この間、社会人院生の学習・研究ニーズは、キャリアデザイン学を「経営学の新たな分野」としてきた領域を超え、ライフキャリアを研究する領域を包含したものへと大きく変容してきました。このような社会的ニーズの多様化、高度化に応えるべく、従来までの経営学研究科から分離独立し、2013年4月新たに1研究科としてキャリアデザイン学研究科を設置するにいたりました。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。キャリアデザイン学研究科の3つのポリシーはこちらです。


キャリアデザイン学専攻

カリキュラムは、基礎・共通科目、演習科目から構成。プログラム群は、個人のキャリア発達に焦点を当てたキャリア科目群をはじめ、キャリア・プロフェッショナル科目群、キャリア政策群から構成されています。


キャリアデザイン学研究科パンフレット


日本キャリアデザイン学会ホームページ

キャリアデザイン学専攻が主にかかわっている学会のホームページです。関心のある方は、ご覧ください。