キャリアデザイン学専攻夜間コース(修士課程)

最先端のキャリアデザイン学分野を体系的に学べる日本で初めての大学院。

日本で初めて、キャリアデザイン学を創造する専攻として設置されました。企業や公共団体、NPO、大学、高校などの機関で人事・教育・キャリア支援などを担当している方、キャリアコンサルタントとして働きより高度な専門職をめざしている方などを対象に、理論に裏付けられたキャリアデザイン学を実学として学び、研究します。本専攻ではビジネス、教育、心理などの専門分野をバックグラウンドにしながら、個人のキャリアを学際的に明らかにすることを特色としています。学生の職業的なバックグラウンドや問題関心の領域に対応させる形で、①学校等のキャリア支援や生涯学習の視点を重視する教育・発達分野(キャリア教育・発達 プログラム)、②組織の中でのキャリア形成・支援の視点を重視するビジネス分野(ビジネスキャリアプログラム)、の2分野のプログラムを設定しています。
カリキュラムは①基礎・共通科目、②プログラム科目、③演習科目から構成され、基礎的な理論や調査研究法などの基礎・共通科目を土台として、2つのプログラムに応じて選択するプログラム科目を配置しています。プログラム科目は、個人のキャリア発達・開発に焦点をあてたキャリア発達科目群、キャリアを支援する組織や専門職能を考えるキャリア・プロフェッショナル科目群、個人の組織行動を条件付ける社会的な政策や制度を検討するキャリア政策科目群から構成されます。これらの基礎理論や手法をベースにして、演習において論文研究指導を行います。
2013年4月には、これまでの実績と今後のキャリア教育分野の発展を見据え、経営学研究科より分離独立してキャリアデザイン学研究科キャリアデザイン学専攻として新たな第一歩を踏み出すことを構想しています。

キャリアデザイン学専攻夜間コース(修士課程)

特色

・修士論文は必修であり、皆さんのアカデミック・キャリアを具体的に示す成果として重視しています。修論執筆への指導と支援は1年次秋の修論構想発表会から始まり、1年次12月に指導教員を確定し、演習を通じた少人数の個別指導を受けながら4月、9月の二度の中間発表会(集団指導)を経て修論の完成を目指します。
・授業の多くは、2時限連続(3時間)で夜間と土曜日に開講され、半期で終了します。これは効果的に集中できる受講を可能にし、議論を活性化させる工夫です。

目標

1.修士論文は実証研究を原則としており、質問紙調査やケーススタディ、既存データの解析など社会調査の手法を駆使して質的、量的に分析したものが多く、これが伝統ともなっています。
2.先輩諸氏の多くが、仕事を続けながら修士号取得後に学会報告にチャレンジするとともに、研究会活動などにも積極的に参加し、継続的な専門能力の研鑽に励んでいます。また、同窓会ネットワークを通して、高度職業人としてのキャリアを形成しています。まさに高度職業人の育成という大きな目標に向かって着実に進んでいます。

キャリアデザイン学専攻夜間コース詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

キャリアデザイン学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


授業・履修について(市ヶ谷大学院)

授業・履修に関する情報、学位論文提出等に関する情報を掲載しています。


入試概要(推薦枠・選抜基準など)

専攻独自の推薦枠や入試選抜で重視するポイントを掲載しています。


Q&A

専攻に関わる全般的な質疑内容をご紹介しています。


学費・奨学金・研究助成制度

学費の値下げ、助成制度の拡充など、学びやすい環境を実現しています。


学生生活について

学生生活を充実するためのサポート情報、各種申請書等を掲載しています。


学生・修了生の声

学生・修了生の声を掲載しています。


修了生の主な研究成果

本専攻修了生の主要研究成果(論文発表)をご紹介しています。


キャリアデザイン学研究科パンフレット


日本キャリアデザイン学会ホームページ

キャリデザイン学専攻が主にかかわっている学会のホームページです。関心のある方はご覧ください。