博士学位申請について

博士後期課程3年生、もしくは満期退学後3年以内の方は「課程博士」、それ以外の方は「論文博士」の申請が可能です。
いずれも教員の許可を得てから出願してください。
小金井大学院の博士学位申請に関わる情報は、以下のとおりです。

手続きの詳細は「博士学位申請ガイド」をご確認ください

事務手続きの流れ

  1. 事前相談
    指導教員と学位申請について打合せてください。

  2. 書類提出
    申請書類一式を大学院課窓口に提出してください。

  3. 論文受理
    教授会で審議し、論文の受理が決定次第、審査料振込用紙を郵送します(不受理の場合もあります)。指定された期日内にお振込ください(在籍学生は振込不要です)。

  4. 審査
    (1)審査小委員会による論文審査、試験および学識の確認(口答もしくは筆答の試問)を行います。

  5. 審査
    (2)審査委員会による審議を行います。

  6. 学位授与
    審査の合格を以って、学位が授与されます。

  7. 製本およびデータファイル提出
    上製本した論文とともに論文のデータファイルを大学院課窓口に提出してください。詳細は学位授与決定次第、お知らせします。

博士学位申請ガイド

学位申請要件、申請期限、申請手続き、申請書類作成上の注意はこちらの「博士学位申請ガイド」にてご確認ください。

 

申請書類

申請者は以下の書類を大学院課窓口に提出してください。