HOME > 学生生活について > 国際政治学専攻特別海外留学奨学金制度

国際政治学専攻特別海外留学奨学金制度

本専攻は、国際政治学ないし隣接諸分野のプログラムを有するような海外の大学院への留学を積極的に奨励します。そのために海外大学院留学指導講座を設けて指導や助言を行うほか、既存の大学院留学制度に加えて、本専攻独自の「特別海外留学奨学金 」を設置することにより、財政面からの支援を行っています。この奨学金は、厳正な審査に基づいて、本専攻の留学希望者の中から優秀な者を1名選抜し、最高300万円の留学奨学金を支給する制度です。

この奨学金の支給を受ける選抜生は、まず本専攻に3 セメスター(修士2年目の夏まで)在籍し必要な科目を履修してから、海外の大学院に留学する。留学先大学院で学位を取得した後に帰国し、本専攻の修士プログラムも修了する。海外の修士1年プログラムで学位を取得できれば、最短で3年間に2つの修士号を取得できることになります(なお、留学期間中の法政側授業料は免除され、休学在籍料のみの支払いとなります)。

<2018年度申請期間>2017 年 10 月 24 日(火)~11 月 3 日(金祝)19:00 まで
※申請受付は、大学院課窓口取扱時間内に限る。