海外における研究活動補助制度

 本学大学院では、大学院における学術研究の高度化・国際化を促進するため、海外で開催される国際学会での研究発表のため海外に渡航する大学院生に対し、その経費の一部を補助する「海外における研究活動補助制度」を設けています。
 国内外の学術機関が主催する海外での学会、研究会、ワークショップ等の公的な場での研究発表を行う方々に対し、渡航に要する航空運賃、現地宿泊費、国内外の交通費、学会発表参加費、海外旅行保険料について、1人につき10万円を上限として実費支給します。 
 本制度に関する募集概要(申請方法、期間、場所等)については、下記「2017年度募集要項」一式をお確かめください。応募時期も限られていますので、同要項を十分理解のうえ、ご応募願います。
 なお、国際学会での研究発表にあたっては、別途募集中の「諸外国語による論文等校閲補助制度」の論文校閲補助を併用し、より良い学会発表となるよう事前準備に心掛けてください。

≪2017年度の申請期間≫
   
   <市ヶ谷・多摩キャンパス>
   第1回申請 : 2017年9月22日(金)~9月29日(金) 【厳守】
   第2回申請 : 2018年2月16日(金)~2月23日(金) 【厳守】

   <小金井キャンパス> 
   第1回申請 : 2017年9月11日(月)~9月28日(木) 【厳守】
   第2回申請 : 2018年1月15日(月)~2月20日(火) 【厳守】


上記期間の受付時間は、各キャンパスの担当事務室開室時間とします。上記申請期間に必要な書類を提出できない場合は、受付できません。申請期間に間に合うよう余裕をもって準備してください。
海外渡航スケジュールの関係で第1回申請に間に合わない場合、第2回申請期間に必要書類を提出するようにしてください。

 

関係書類一式

 <市ヶ谷・多摩キャンパス>



 <小金井キャンパス>