現地調査実施費用補助

本制度は、大学院における学術研究の高度化・国際化を奨励するため、国内・国外での現地調査に係る経費の一部を補助する制度として 2019年度より新設されました。  対象者は、修士課程または博士後期課程の大学院生とします。  給付額は、原則、毎年1回、1人につき国内調査の場合3万円、国外調査の場合7万円を上限に実費支給とします。なお、申請による補助金支出額の合計が予算額に達した時点で、申請締め切りとします。   

≪2019年度の申請期限≫ 
           2020年2月21日(金)【厳守】 
  ※上記期限までは随時提出可。
  ※ただし、9月終了者は2019年8月21日(水)とする 【厳守】。

※受付時間は、各キャンパスの担当事務室開室時間とします。締切日までに必要な書類を提出できない場合は、2月中に担当事務窓口にご相談ください。

 

関係書類一式

 【市ヶ谷文系院】

 【人間社会研究科】

  ※申請書類は上記【市ケ谷文系院】と同じ。

【スポーツ健康学研究科】

  ※申請書類は上記【市ケ谷文系院】と同じ。

【デザイン工学究科】

  ※デザイン工学研究科については、6月を目途に掲載いたします。