HOME > ニュース > 在学生の方へ > 小金井大学院 > 情報科学研究科1年小泉悠馬さんが日本音響学会第6回学生優秀発表賞を受賞しました。

情報科学研究科1年小泉悠馬さんが、日本音響学会第6回学生優秀発表賞を受賞しました。

2012年11月26日

q

情報科学研究科1年小泉悠馬さんが日本音響学会2012年秋季研究発表会で講演された「意図表現における非周期擦弦振動を考慮した楽音合成手法の検討」は、日本音響学会第6回学生優秀発表賞を受賞しました。

 同賞は、平成21年に創設された賞で、将来の音響学の発展を担う若手研究者を奨 励するため、春季又は秋季研究発表会において優秀な発表を行った学生会員に贈 呈されるものです。

今回の受賞に関し、小泉悠馬さんは次のようにコメントします。

このような栄誉ある賞を頂き、心から感謝しております。今回の賞も、指導教官 の伊藤教授をはじめとした研究に協力や助言をしてくださった皆様のおかげで受 賞できたと思っております。しかし発表した研究は、修士研究のテーマである 「計算機による音楽表現の理解と合成」のためにはまだ不十分な点が多くあるた め、今後も今回頂いた賞を励みに頑張っていきます。