小金井大学院 > 在学生の方へ > ニュース > HOME > 理工学研究科在学生の中村繁成氏が「Best Paper Award」を受賞

理工学研究科在学生の中村繁成氏が「Best Paper Award」を受賞

2017年09月19日

理工学研究科在学生の中村繁成氏が、The 20th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2017)において研究報告した論文「Evaluation of Flexible Synchronization Protocol to Prevent Illegal Information Flow in P2PPS Systems」で「Best Paper Award」を受賞しました。

・受賞者
中村 繁成(システム理工学専攻 博士後期課程1年)

・受賞名
Best Paper Award

・受賞年月日
2017年8月25日

・受賞論文名
Evaluation of Flexible Synchronization Protocol to Prevent Illegal Information Flow in P2PPS Systems

・著者氏名
Lidia Ogiela(AGH University of Science and Technology, Department of Applied Informatics, Associate Professor)、榎戸 智也(立正大学経営学部教授)、滝沢 誠(法政大学理工学部教授)

リーフレット「理系学部で学ぶみなさんへ -大学院進学の5つのメリット-」