小金井大学院 > 在学生の方へ > ニュース > HOME > 理工学研究科在学生の萩原悠理氏が「平成29年度 日本植物病理学会大会 学生優秀発表賞」を受賞

理工学研究科在学生の萩原悠理氏が「平成29年度 日本植物病理学会大会 学生優秀発表賞」を受賞

2017年08月01日

理工学研究科在学生の萩原悠理氏が、平成29年度 日本植物病理学会大会において研究報告した論文「ファイトプラズマのrecA遺伝子の偽遺伝子化に関する変異解析」で「平成29年度 日本植物病理学会大会 学生優秀発表賞」を受賞しました。

・受賞者
萩原 悠理(生命機能学専攻 修士課程1年)

・受賞名
平成29年度 日本植物病理学会大会 学生優秀発表賞

・受賞年月日
2017年5月9日

・受賞論文名
ファイトプラズマのrecA遺伝子の偽遺伝子化に関する変異解析

・著者氏名
萩原 悠理、前島 健作(東京大学大学院農学生命科学研究科助教)、難波 成任(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)、大島 研郎(法政大学理工学部教授)

リーフレット「理系学部で学ぶみなさんへ -大学院進学の5つのメリット-」