小金井大学院 > 在学生の方へ > ニュース > HOME > 理工学研究科在学生の大機慎太朗氏が「2015年度電子情報通信学会 光エレクトロニクス研究会学生優秀研究賞」を受賞

理工学研究科在学生の大機慎太朗氏が「2015年度電子情報通信学会 光エレクトロニクス研究会学生優秀研究賞」を受賞

2016年03月04日

理工学研究科在学生の大機慎太朗氏が、電子情報通信学会光エレクトロニクス研究会において研究報告した論文「周期構造を利用したプラズモニックブラックポールのFDTD解析」で「2015年度電子情報通信学会 光エレクトロニクス研究会学生優秀研究賞」を受賞しました。

・受賞者
 大機慎太朗(電気電子工学専攻 修士課程2年)

・受賞名
 2015年度電子情報通信学会 光エレクトロニクス研究会学生優秀研究賞

・受賞年月日
 2016年3月16日

・受賞論文名
 周期構造を利用したプラズモニックブラックポールのFDTD解析

・著者氏名
 大機慎太朗
 山内潤治(法政大学理工学部教授)
 中野久松(同上)