入試 > トピックス > ニュース > HOME > 【8/9】人間社会研究科 福祉社会専攻・人間福祉専攻 進学相談会のお知らせ

【8/9】人間社会研究科 福祉社会・人間福祉専攻 進学相談会のお知らせ

2014年07月29日

福祉社会専攻(修士課程)、人間福祉専攻(博士後期課程)について、教員による教育内容の説明と個別面談を行います。福祉やまちづくりなどの研究に関心のある方、現場の課題に悩まれている方、仕事を続けながら学びたい方、本学大学院への入学を検討されている方、進学相談会にぜひお越しください。

お申込み不要、入退場自由です。

日 時8月9日(土) 13:00~15:00
場 所多摩キャンパス 現代福祉学部棟(17号館) 216教室
参加方法当日直接お越しください。(予約不要)


■福祉社会専攻(修士課程)
「福祉」や「まちづくり」に関する高度専門職業人(ソーシャルワーカー,コミュニティプランナーなど)と研究者の養成を目的とし、仕事や将来の活動に活かせる知識の習得を目指します。
授業は基本的に木・金曜日(一部土曜日を含む)に行い、また、市ヶ谷キャンパスにて夜間(月・火)に福祉コミュニティ創造関連科目の一部を開講しています。
また長期履修制度を導入するなど、社会時の方にも学びやすい環境を整えており、現在は4名の社会人の方が在籍し、仕事と両立されています。

>>修了生の研究テーマ
・民間通所介護サービスの準市場化における経営効率性と社会的責任
・精神疾患・障害を抱える人の母親における意識変容と家族会機能-個別のライフ・ストーリー分析を通して-
・農村における女性起業者達が担う活動が地域づくりに与える影響とその役割
・村組の持続と終焉からみた地域コミュニティの変容

■人間福祉専攻(博士後期課程)
Well-being(健康で幸福な暮らし)の実現のためには社会福祉実践の展開に加えて「心のケア」から「コミュニティプランニング」までを含んだトータルな実践が必要とされています。
人間福祉専攻は、修士課程の教育研究をさらに発展させ、地域社会を基盤に人間の「生」(life)をトータルに捉え、新しい福祉社会の構築に関する研究者の養成を目指します。

福祉社会専攻(修士課程)
                 >>  人間福祉専攻(博士後期課程)
臨床心理学専攻(修士課程)

>>修了生の研究テーマ
・教育相談群と病院群の思春期の子どもと母親の比較研究-子どもの精神・行動症状と母親の対象関係を中心に-
・自ら支援を求めない独居高齢者への地域を基盤としたアウトリーチ実践に関する研究
・教師のメンタルヘルス規定因とバーンアウトに関する多角的研究-教師Well-being尺度の作成-
・近現代における遺跡保護とその担い手に関する研究-制度・政策と地域社会の動向をふまえて-
・介護老人福祉施設における経営成果とその影響要因に関する研究
(介護保険制度下における施設経営への制度的・組織的要因に関する実証分析)

今後の法政大学大学院進学相談会日程は、下記リンク先をご覧ください。

<お問い合わせ先>

大学院課多摩担当(現代福祉学部事務課)
TEL:042-783-4047
E-mail:fukushi@hosei.ac.jp

大学院案内入試要項資料請求