受賞情報 > トピックス > ニュース > HOME > 理工学研究科在学生の大坪佑生氏が「第57回日本人工臓器学会大会萌芽研究ポスター最優秀賞」を受賞

理工学研究科在学生の大坪佑生氏が「第57回日本人工臓器学会大会萌芽研究ポスター最優秀賞」を受賞

2019年11月19日

理工学研究科在学生の大坪佑生氏が、第57回日本人工臓器学会大会において研究報告した論文「腹膜透析を模倣した新規血液浄化装置の検討」で「第57回日本人工臓器学会大会萌芽研究ポスター最優秀賞」を受賞しました。

・受賞者
大坪 佑生(応用化学専攻 修士課程2年)

・受賞名
第57回日本人工臓器学会大会萌芽研究ポスター最優秀賞

・受賞年月日
2019年11月14日

・受賞論文名
腹膜透析を模倣した新規血液浄化装置の検討

・著者氏名
大坪佑生、井戸田直和、山下 明泰/法政大学大学院理工学研究科

 

リーフレット「理系学部で学ぶみなさんへ -大学院進学の5つのメリット-」