受賞情報 > トピックス > ニュース > HOME > 理工学研究科在学生の三宅裕可里氏が「FEMS Congress Attendance Grant for 8th Congress of European Microbiologists」を受賞

理工学研究科在学生の三宅裕可里氏が「FEMS Congress Attendance Grant for 8th Congress of European Microbiologists」を受賞

2019年05月22日

理工学研究科在学生の三宅裕可里氏が、the 8th Congress of European Microbiologists - FEMS2019 -において研究報告した論文「Regulatory Roles of Pyruvate-Sensing Two-Component System PyrSR (YpdAB) in Escherichia coli K-12」で「FEMS Congress Attendance Grant for 8th Congress of European Microbiologists」を受賞しました。

・受賞者
三宅 裕可里(生命機能学専攻 博士後期課程3年)

・受賞名
FEMS Congress Attendance Grant for 8th Congress of European Microbiologists

・受賞年月日
2019年2月22日

・受賞論文名
Regulatory Roles of Pyruvate-Sensing Two-Component System PyrSR (YpdAB) in Escherichia coli K-12

・著者氏名
Yukari Miyake, Tatsuya Inaba, Hiroki Watanabe, Jun Teramoto, Kaneyoshi Yamamoto and Akira Ishihama(生命科学部・マイクロナノ研究センター)

 

リーフレット「理系学部で学ぶみなさんへ -大学院進学の5つのメリット-」