重要なお知らせ > ニュース > HOME > 【重要】2018年度大学院学年暦および授業時間について

【重要】2018年度大学院学年暦および授業時間について

2018年02月10日

2018年度の大学院学年暦(専門職大学院を除く)を決定いたしましたのでお知らせいたします。

2018年度学年暦(大学院)


本学では2018年度から授業時間割・学年暦を大幅に改定いたします。改定のポイントは以下のとおりです。

1. 1時限あたりの授業時間が100分間になります。

2.  学年暦の変更に伴い、各時限の開始・終了時刻・休憩時間が変わります。
  (例えば市ヶ谷キャンパスの場合、昼休み休憩時間が50分間から40分間に短縮となり、5時限以降の
  休憩時間が10分間から5分間に短縮となります)

 市ケ谷
キャンパス
多摩
キャンパス
小金井
キャンパス
1時限9:00~10:409:25~11:059:00~10:40
2時限10:50~12:3011:15~12:5510:50~12:30
3時限13:10~14:5013:45~15:2513:20~15:00
4時限15:00~16:4015:35~17:1515:10~16:50
5時限16:50~18:3017:25~19:0517:00~18:40
6時限18:35~20:15--
7時限20:20~22:00--

※6時限・7時限は市ケ谷キャンパスのみ実施。


3.  春学期・秋学期の授業期間が14週に変わります。
  4期制の各学期(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ期)については7週に変わります。

4.  夏季休業期間中に、集中特別授業期間(サマーセッション、オータムセッション)を設定します。
  この期間に集中授業が開講される場合があります。

5.  大学院学年暦において新たに「補講期間」を設定します。

 

2018年度からの授業時間割、及び授業時間割・学年暦の改定の趣旨については、2016年10月10日に大学ホームページに掲載した「2018年度からの授業時間割・学年暦の改定について」の記事もご覧ください。

2018年度からの授業時間割・学年暦の改定について(2016年10月10日掲載)