Welcome to GIS. > GIS(グローバル教養学部) > ニュース > 在学生の方へ > GIS カリキュラム・マップ / カリキュラム・ツリーを公開しました

GIS カリキュラム・マップ / カリキュラム・ツリーを公開しました

2019年03月29日

GIS主催科目についてカリキュラム・マップとカリキュラム・ツリーを作成しました。
履修の際は「履修の手引き」「シラバス」と合わせて参照してください。

<カリキュラム・マップ>
カリキュラム・マップとは学部の専門科目とディプロマ・ポリシー(学位授与方針)の相関関係を示す表のことです。
各科目が卒業までに身につけるべき能力のどの項目と関連するかを示しています。

<カリキュラム・ツリー>
カリキュラム ・ツリーとはGISが掲げているディプロマ・ポリシー(学位授与方針)を達成するために必要な
授業科目の流れ及び授業科目間の系統性を示したものです。

<ディプロマ・ポリシー>
Diploma Policy 1: Problem solving skills (問題発見・解決能力)
Having a critical ability to identify problems in everyday life, make unbiased judgements, and adopt an analytical perspective that transcends conventions and narrow disciplinary confines to arrive at solutions for the problems.
日常の具体的出来事から真の問題点を発見し、それを偏見や先入観にとらわれず整理し、向かうべき方向性を見出す能力。また、固定したものの見方に囚われない、領域横断的な問題分析能力を有すること。

Diploma Policy 2: Ability to put academic knowledge into practice (学術知識の応用力)
Having a deep and knowledgeable understanding of the most topic issues facing the world today, and being able to apply this effectively to a range of issues drawn from various contexts.
地球全体が対処すべき諸問題について、深い教養と最先端の議論に精通し、それらを現実社会に応用できること。

Diploma Policy 3: Understanding of diverse and different cultures (異文化・多文化の理解)
Having up-to-date and precise understanding of nations, regions and communities with diverse race/ethnicity, language, values and social systems, and showing respect for their different cultures.
民族や言語、価値観や社会制度を異にする国家・地域・コミュニティーに関する正確かつリアルタイムの知識。また、それぞれの固有文化の意義を尊重する姿勢があること。

Diploma Policy 4: English communication skills (英語コミュニケーション能力)
Having an excellent command of the English language, being able to grasp the fine points of any argument and actively and effectively contribute to discussions and debates.
相手の論点を的確に理解し、議論に積極的に関わることのできる高度な英語運用力を備えていること。