国内福祉研修奨励金制度

国内福祉研修は、日本国内の福祉・心理・地域の現状に接し、今後の学習・研究に活かすため、奨励金を給付する制度です。
国内福祉研修には、決まった訪問先や目的がありません。研修のプログラムは全て学生自身が作ります。
学生一人ひとりが持つ関心や問題意識を解決するため、自らアポイントメントを取り、企画・立案し実施、研修終了後には報告書を完成させます。

国内福祉研修奨励金制度

<<主な研修先(2009年度)>>