心理実習

 心理実習は、大学で学んだ臨床心理学を中心とした心理学関連科目について、実習を通して理解を深めることを目的としています。心理実習は、公認心理師取得のための必修科目になります。

実習科目

 心理実習は学則別表(1)に定める設置科目のうち、以下の3科目で構成されており、全ての科目を履修する必要があります。

  1. 「心理実習」 (3年次:2単位)
  2. 「心理演習Ⅰ・Ⅱ」 (3年次:2単位(各1単位))

実習の内容と形態

 心理実習は、医療領域における実習を必須として合計80時間以上の実習と、自己研修体験学習である「臨床心理研修(研修への参加は希望者のみ)」から構成されます。

心理実習イメージ