現代福祉学部 > ニュース > 在学生の方へ > 【課外実習】「2013年度 遠野プログラム」参加者募集

【課外実習】「2013年度 遠野プログラム」参加者募集

2013年06月18日

総務省『「域学連携」地域活力創出モデル実証事業』において,岩手県遠野市が法政大学現代福祉学部と連携してモデル実証事業を行うことになりました。現代福祉学部では「2013年度 遠野プログラム」として,今年の夏休みに岩手県遠野市に滞在しながら沿岸域の被災地へ復興支援ボランティアに参加する学生を募集しています。

活動地域

岩手県遠野市に滞在しながら沿岸域の被災地へ復興支援ボランティアに出掛けます。

活動期間

  1. 第1グループ
    8月16日(金)朝 大学出発  夕方 遠野到着  13 日間の実習活動
    8月29日(木)夜 遠野出発  翌30日朝 大学到着
  2. 第2グループ
    8月30日(金)朝 大学出発  夕方 遠野到着  13 日間の実習活動
    9月12日(木)夜 遠野出発  翌13日朝 大学到着

活動内容(予定)

  • 東日本大震災で被災した沿岸域の復興まちづくりや仮設住宅住民への支援
  • 遠野市内における観光モニタリングとグリーンツーリズム提案
  • 活動報告会の資料作成とプレゼンテーション
  • 事前学習(7 月)と事後学習(10 月)も含めた学習プログラムとし、認定課外実習として参加者に単位を与えることを検討しています。

参加費用

  • 大学から遠野市への往復交通費(大型バス利用)、滞在中の現地交通費、農家民泊/公民館での宿泊費は遠野市が負担
  • 食費など個人経費のみ自己負担

募集人数と応募方法

  • 各グループ20名程度(1年生から4年生まで学年を問いません)
  • 参加申込用紙を実習指導室(開室時間10:00~17:00)で配布します。
    ※本ページのリンクから参加申込用紙をダウンロードすることも可能です。
  • 参加申込用紙提出期間:6月10日(月)~20日(木)