現代福祉学部 > ニュース > トピックス > ラーニング・サポーター制度を実施しています

ラーニング・サポーター制度を実施しています

2019年04月11日

 本学では2019年度より「ラーニング・サポーター」を学生アシスタント制度の1つとして新設しました。

本制度の目的

 学生同士のピアサポートにより、正課教育における基礎学力の修得と学習方法の改善を補助し、特に低学年時の円滑な修学を支援します。

現代福祉学部の「ラーニング・サポーター」制度

 現代福祉学部の上級生たちが、後輩に向けて学びの方法をサポートします。学生同士、気軽に相談しあうことを目指しますので、ぜひ活用して下さい。特に以下の点については、力を入れてサポートします。

  1. ピアサポーター機能(学生生活相談)
    学生同士で学生生活の悩みや不安を少しでも解消できるようサポートしていきます。
  2. 講義補助機能(学習相談全般)
    学習の仕方、レポートの書き方などを教員には聞けずに困ってる学生に対し、サポーター学生が学習に関するアドバイスを行い、授業外の予習、復習を手助けしていきます。合わせて、留学生に対する学習アドバイスにも力を入れます。
    また、新入生の基礎ゼミ全クラス参加のコンペが開催しており、プレゼンテーションの仕方や学習方法についてのアドバイスを行ったり、資格取得のための実習では、実習計画書を作成するため、実習先の情報や具体的な実習内容を先輩から後輩に教授していきます。

開室スケジュール

 授業期間中の毎週水曜日午後にスタディルーム(現代福祉学部棟1階)で実施しています。

皆さんの利用をお待ちしています