ディベートで学ぶ日米開戦

2019年06月26日

法政大学学生センター・課外教養プログラム(法政大学後援会補助事業)

ポスター

クリックで拡大します

授業で習う歴史は、知識の暗記になってしまいがちで歴史的な出来事がなぜ起きたのか背景まで知る機会があまりないのでは?今回の企画では太平洋戦争開戦を決めた御前会議を題材にして、当時実際に存在した人物になりきってディベートを体験し歴史的な出来事の背景を学んでもらいます!
※ 事前にメールで資料を配布します!

日 時

2019年6月26日(金)
16:50~18:30

場 所外濠校舎5階 523~526会議室
対 象本学学部生
定 員30名
料 金無料
講 師講 師:高橋 和宏 先生(本学 法学部 国際政治学科 教授)
法政大学法学部国際政治学科教授。専門は、冷戦期の日米関係、国際経済秩序をめぐる日本外交。筑波大学大学院国際政治経済学研究科修了後、外務省外交史料館勤務、防衛大学校人文社会科学群人間文化学科講師、同准教授を経て2019年より現職。著書に『ドル防衛と日米関係:高度成長期日本の経済外交 1959~1969年』がある。
お申し込み

各キャンパスの学生生活課または下記の申し込みサイトからお申し込みください。

ディベートで学ぶ日米開戦 

※ログインの際に使用するメールアドレスは、ご自身の法政大学のメールアドレス(・・・@stu.hosei.ac.jp)をご入力ください。

お問い合わせ市ヶ谷学生生活課
03-3264-9475