法政大学ピア・ネット > イベント・ニュース > 課外教養プログラムプロジェクト > 「幾何学模様のガールズエンド」-二部演劇研究会によるマナー・モラル啓発劇-

「幾何学模様のガールズエンド」-二部演劇研究会によるマナー・モラル啓発劇-

2018年09月26日

法政大学学生センター・課外教養プログラム(法政大学後援会補助事業)

ポスター

クリックで拡大します。

これは、私たちがお風呂に入るまでの、侵略者との戦い。(インベーダーゲーム)

土曜日。つまりは週末。旅館にて。
「いろんなゲーム愛好会」とかいうふわっとしたサークルの、色彩をもつ女子4人。
オソロいの着メロ。学年を超えたタメ口。
アホほどマイナーなゲームの世界大会の帰り。
占領された温泉。流せない汗。必ず入ると揺らがない意志。
翻弄される演劇部の高校生たち。消灯時間という迫るリミット。
飛び交う脱獄囚のニュース。ついでに花火大会中止の知らせ。
漏らす不安。「さいきんストーカーされてるかも」。
暗躍する黒い影。おっかない女将。このへんでイキってる自称暴力団。
4色問題。伝説のゲーマーJK。
最後にいろいろ繋がる・・・・・・かもしれない群像劇コメディー!

 

日 時

●2018年9月26日(水)
 開場 18:40 開演 19:10

●2018年9月27日(木)
 開場 18:40 開演 19:10

●2018年9月28日(金)
  開場 18:40 開演 19:10

場 所

市ケ谷キャンパス
外濠校舎B1F・多目的室2

対 象

本学学部生・付属校生

料 金

無料

お申し込み

hodai2geki1@gmail.com

件名に「観劇予約」、(1)お名前(2)観劇日(3)人数を明記の上、上記アドレスからお申し込みください。

お問い合わせ

市ヶ谷学生生活課
03-3264-9482