動画部門
佳作   無表情な校長先生と個性豊かな4体のキャラクター表現は、見事に使い分けができている。理屈抜きに、ただ欲しいものに向って驀進する画面展開はスピード感があり、見る者を飽きさせない。残念なのは、途中で最後の“オチ”が見えてしまい、もう一捻りあるとストーリー的に面白みが加わる作品である。(大島)
作品名 氏名 研究科・学部 専攻・学科 学年
『Hungry Spirit』
富田 優作
情報科学部
ディジタルメディア学科
3

作品の複写・複製を禁じます。
作品はホームページにて公開するにあたり、縮小・圧縮してある場合があります。オリジナル作品とは異なりますので、ご了承ください。
作品によっては、特定のソフト等が必要な場合があります。動作環境等を参照してください。
作品主旨、使用ソフト、制作環境、動作環境等の表記はコンテスト応募時の記載のままです。
   
  作品を見る
  384k
■作品主旨
現代の日本は、便利なものであふれ、ほしいものが容易に手に入ります。あまりにも便利なものが周りにあるため、本来のものの大切さというものが薄れてしまっているように思えます。この作品では、どんなものでもほしいと思ったものに対し、必死になって立ち向かっていく4体のキャラクターの姿を描きました。本気でほしいものに向かっていく彼らの必死さと、ただものを与えるだけの校長先生の楽観的態度の対比にも注目です。本気でほしいものを、本気で追いかける姿勢を大切にしてください。
■使用ソフト
Maya 7.0/8.5
Photoshop CS2
AfterEffect 6.5

■動作環境等
ラボのパソコン

 


CLOSE