静止画部門
佳作   3枚組の画像で喫煙に対する警告を発している。タバコの副流煙の恐怖が歩み寄ってくる→骸骨がタバコを差し出す→人がタバコの陰から手を伸ばす‥とタバコのためにだんだんと危険に陥っていく様子が描かれる。骸骨をリアルに造形するとともに、その存在を浮き立たせるため影を濃く映す白いプレートを使うなど、演出も巧みである。 (福田)
作品名 氏名 研究科・学部 専攻・学科 学年
 『灰色の世界』
松浦 健太
情報科学部
ディジタルメディア学科
2

作品の複写・複製を禁じます。
作品はホームページにて公開するにあたり、縮小・圧縮してある場合があります。オリジナル作品とは異なりますので、ご了承ください。
作品によっては、特定のソフト等が必要な場合があります。動作環境等を参照してください。
作品主旨、使用ソフト、制作環境、動作環境等の表記はコンテスト応募時の記載のままです。
   
  作品を見る
■作品主旨
この作品はタバコの喫煙に対する警告を主としています。画像は全部で3枚。No.1の作品には「招かれざる者」をサブタイトルとして作りました。喫煙者、被喫煙者に訪れる副流煙の恐怖が歩み寄るのを表現したものです。No.2の作品のサブタイトルは「誘いし者」。骸骨がタバコを差し出すことで、人のタバコに対する欲望を表現しています。No.3の作品は「潜みし影」をサブタイトルとしています。こちらはこの「灰色の世界」の終着点としてタバコの恐怖とそれに対する警告を込めて作りました。No.1からNo.2、No3へと段々と危険が迫り寄り、そしてタバコの陰から手を伸ばす姿を表わしています。これらの作品を作るにあたり、見ている者に恐怖を与えるために骸骨をより精密に作ることを心がけました。また背景は牢屋などを作ってみたのですが骸骨が埋もれてしまい、より骸骨の存在を浮き立たすため影を濃く映す白いプレートを使いました。

■使用ソフト
Autodesk Maya8.5 Unlimit

■動作環境等
OS      Microsoft Windows XP Professional
CPU Intel(R) Pentium(R)M processor 1.73GHz
メモリー   2038MB
グラフィックカード Mobile Intel(R) 915GM/GMS.910GML Express Chipset

 


CLOSE