静止画部門
佳作   アニメーションのキャラクター風の作品であり、一見すると作品の「自己主張」を見落とす可能性がある作品ではあったが、1年生でありながら、随所にデジタルで立体的に描かれた「力作」部分が多く見受けられた。オリジナル性、背景処理の技術面、色彩トーンに関しては審査委員の間でも評価が若干分かれたが、現在の自分が持っているデジタル技術をさら向上させ、テーマ性のある作品ができれば、将来的に有望な技術センスを持っている作品制作が可能である。次回作を大いに期待している。(川上)
作品名 氏名 研究科・学部 専攻・学科 学年
 『Another』
中林 壮
情報科学部
ディジタルメディア学科
1

作品の複写・複製を禁じます。
作品はホームページにて公開するにあたり、縮小・圧縮してある場合があります。オリジナル作品とは異なりますので、ご了承ください。
作品によっては、特定のソフト等が必要な場合があります。動作環境等を参照してください。
作品主旨、使用ソフト、制作環境、動作環境等の表記はコンテスト応募時の記載のままです。
   
  作品を見る
■作品主旨
これと言った狙いやコンセプトはなく、ただ最終的に行き着くであろうキャラクター制作をしたかっただけです。なので芸術性は極めて低く「どこをみればいいんだよ」的な未熟な作品になってしまいました。私は自分の作品を語れるほど器用ではないのでこんなところでご容赦願います。

■使用ソフト
3Dモデリング・レンダリング:Autodesk Maya 8.5
テクスチャ・レタッチ:Adobe Photoshop7.0 / Wacom intuos3

■動作環境等

(学部貸与PCで作成いたしました)

 


CLOSE