静止画部門
佳作   鯉をモチーフに表現技法の異なる4部作で構成された作品である。原画の鯉を巧みに再構成し、油彩や水彩、水墨画を連想させる表現は、正に「水中絵の具」のように思える。ただ、残念なのは「鯉」がモチーフだけに、どこかで記憶した絵に感じてしまうのは、作品としてマイナス要素に働いてしまう。(大島)
作品名 氏名 研究科・学部 専攻・学科 学年
 『水中絵の具』
木内 聡美
工学部
物質化
3

作品の複写・複製を禁じます。
作品はホームページにて公開するにあたり、縮小・圧縮してある場合があります。オリジナル作品とは異なりますので、ご了承ください。
作品によっては、特定のソフト等が必要な場合があります。動作環境等を参照してください。
作品主旨、使用ソフト、制作環境、動作環境等の表記はコンテスト応募時の記載のままです。
   
  作品を見る
■作品主旨
2Dらしい絵のいくつかの表現の書き分けをテーマに隙や形、味、質感を重視し絵筆をとってみました。

■使用ソフト
Photoshop7
Painter8

■動作環境等
Windows XP
学校貸与パソコン

 


CLOSE