法政大学 for SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(日本の取組(PDF))。

外務省HP より引用

取り組み内容

全学SDGs 認知度調査アンケート実施

2019年1月、本学の学生(学部生および大学院生)および教職員全員を対象に、 SDGs の認知度調査アンケートを実施いたしました。
アンケート結果についてはこちら

SDGs+(プラス)プログラムの展開

HOSEI SDGs Action Students

事務部局のSDGs目標

北海道下川町へインターンシップに行っていた学生へインタビューしました

活動実績

(2018.12.21)法政大学におけるSDGs への取り組みに関する総長ステイトメント

(2019.3.1)スーパーグローバル大学創成支援事業シンポジウム「SDGsと大学教育」を開催しました

(2019.8.4/8.18)オープンキャンパスにて「楽しく学ぼうSDGs」を実施しました