HOME > 法政大学について > 法政大学の取り組み > ハラスメント防止・対策 > ハラスメント防止・対策体制に関する重要事項、啓発活動


ハラスメント防止・対策体制に関する重要事項、啓発活動

ハラスメント相談に関する重要事項

法政大学は、

  1. すべての本学構成員に、相談・申立てを行う権利を保障します。
  2. ハラスメントに関する守秘義務を徹底します。
    相談・申立てに関係した者(ハラスメント防止・対策委員、所属部局長等を含む)は、当事者及び関係者の名誉やプライバシーを侵害することのないよう、知り得た個人情報等について守秘義務を負います。
  3. ハラスメント相談をしたことによる不利益な取り扱いを禁止し、二次被害の防止に努めます。
    ハラスメント相談・申立をした者や問題解決に関わった他の学生・教職員等に対し、不利益(報復・もみ消し等)や二次被害が生じないように十分配慮します。
  4. 虚偽の申立・証言等を禁止します。
    ハラスメントの相談、審査、事情聴取等に際して、虚偽の申立て・証言を行ってはいけません。本学は、虚偽の申立て・証言を行った者に対して、学内規定等に基づき措置を講じます。
  5. 言動がハラスメントに当たらないと判断した場合は、申立てを不受理とする場合があります。

ハラスメント防止・啓発活動

本学は快適なキャンパスライフのための教育・研究環境、勉学環境、職場環境を維持し、これを阻害するようなハラスメントを予防し、その根絶を目指すため、すべての大学構成員に対して次のような教育・研修・啓発活動を行います。さらに、ハラスメントが発生した場合には、発生原因・背景・問題点の解明に努め、再発防止のための教育・研修を行います。

  1. ハラスメント防止のためのリーフレット等の作成・配布。
  2. 学生・教職員に対する啓発・研修活動。
  3. 管理職等に対する特別研修。
  4. 必要に応じて再発防止のための研修。

本ホームページは予告なしに変更することがあります。