防災設備・備蓄品

法政大学の防災設備や備蓄品を紹介します。

主な災害用 設備や備蓄品

呼吸や脈のない人の心臓の働きを 戻すAED(自動体外式除細動器)

呼吸や脈のない人の心臓の働きを 戻すAED(自動体外式除細動器)

以下の表は、本学の主な災害用設備や備蓄品の一部です。

区分 品名
飲食料 非常食、飲料水
居住 仮設トイレ、アルミ製保温シート・毛布、ブルーシート
救出 万能斧、つるはし、ハンマー、バール、スコップ、油圧ジャッキ
医療 救急箱、AED(自動体外式除細動器)、担架

飲食料

市ケ谷キャンパス外濠校舎の備蓄品倉庫

市ケ谷キャンパス外濠校舎の備蓄品倉庫

各キャンパスとも学生の履修登録の状況を鑑みて算出した平日登校予定の学生数および教職員の数をもとに準備を整えました。
以前は飲料水を1・5l以上の大容量容器で準備していましたが、東日本大震災時、使い勝手がよくなかったので、現在は水500mlのペットボトルと、非常食(栄養補助食品)を3日分そろえています。

加えて、学内の食堂や生協店舗、コンビニエンスストアから食糧供出を受けられる協力協定も締結しています。

居住・救出

災害時の避難誘導用ヘルメットとビブス(ベストのようなもの)

災害時の避難誘導用ヘルメットとビブス(ベストのようなもの)

冬期に災害が発生しても寒さをしのげるように、個々に配るアルミ製保温シートを新たに用意したほか、大きなブルーシートも追加しました。

災害時は体調不良者を対象に畳の部屋の開放も行います。組み立て式仮設トイレのほか、ビニール製簡易トイレも用意していますが、さらに増強する方向で検討を進めています。万一、倒壊物などに挟まれた人がいた場合、救出に役立つ工具も用意しています。

また、災害時の避難誘導用ヘルメットとビブス(ベストのようなもの)を事務室に配置し、教職員による避難誘導をスムーズに行うことができるように配慮しています。

情報収集および伝達ツールを十分に活用するには、電気も欠かせません。
緊急災害対策本部機能を維持するためにも、停電になった場合を想定し、各校舎に自家発電装置やエネルギーサーバーを設置しています。ヘッドライトや懐中電灯も用意していますので、大規模地震や火災、台風の被害などで照明や放送、テレビがすぐに使えなくなるということはありません。

医療

各キャンパスに常備している災害用救急箱

各キャンパスに常備している災害用救急箱

各キャンパスには診療所がありますが、体温を測る、消毒する、絆創膏やガーゼで患部を保護する、包帯を巻く、三角巾で固定するなどの簡単な応急手当はその場でも行えるように、市ケ谷キャンパスに12カ所、多摩キャンパスに10カ所、小金井キャンパスに3カ所「救急箱」を分散して設置しました。

関連リンク

地域連携

市ケ谷キャンパスでは千代田区と大規模災害発生時の協力体制基本協定を2005年3月に締結し、災害時はMCA(広域対応業務用)無線で連絡を取り合い、対応可能な範囲で地域住民および一般の帰宅困難者の受け入れと情報・食糧・飲料水提供を行うことになっています。