HOME > 法政大学について > 校歌とシンボル > 校旗・校章・ブランドマーク


校旗・校章・ブランドマーク

校章・ブランドマーク等の使用について

本学の校章・ブランドマーク等の使用にあたっては、法政大学への申請および許諾が必要です。

申請方法

◆本学教職員および本学付属校教員の方…このページの一番下にある「教職員専用ページ」からお入りください。
◆本学教職員でない方は、下記一般の方向けページより申請ください。

お問い合わせ先

法政大学 情報発信スペース(一口坂校舎1階) 03-3264-9396
(夏期・年末年始休暇期間中は許諾に時間がかかりますのでご了承願います。)
※本学学生・卒業生の方は、下記のとおりお問い合わせください。
  授業ゼミ、研究室など授業関連での学生の使用・・・各学部・大学院窓口
  サークルなど課外活動での学生の使用・・・各キャンパスの学生センター
  体育会(OB含む)での使用・・・各キャンパスの保健体育部
  卒業生の使用・・・卒業生・後援会連携室
  校友会の使用・・・校友会事務局 03-3264-1831

スクールカラーの由来

スクールカラー

法政大学のスクールカラーは、オレンジと紺(法政ブルー)です。古い応援歌の歌詞によると、2つの色は「暁(あかつき)の太陽」と「青空」を表しています。法政ブルーの色合いは、紫より濃い青紫です。
印刷番号は、オレンジがDIC161(4色分解/Y100%+M60%)、ブルーはPANTONE280(4色分解/C100%+M90%)。

校旗

校旗

法政大学の校旗は、松室学長の時代、大学令の施行によって名実ともに大学に昇格した1921(大正10)年4月、現在の千代田区富士見に第一校舎が新築された時に初めて作られました。
大学ともなれば校旗がなくては…ということで白地の塩瀬に、松室学長の書道の先生であった小野鐘山が、墨痕鮮やかに「法政大学」と大書したもので、日の丸の国旗と同型でした。「大正大震災の復興に尽力した」ということで、東京市長が都下の各大学を招いて感謝会を開いた時、法政の代表学生はこの校旗を先頭に出席しました。しかし、この校旗は1945(昭和20)年5月25日の空襲で、本学校舎とともに焼失してしまいました。

二代目の校旗は、1947(昭和22)年に当時の学生課長が学生自治会と相談して、学生から5銭、10銭と醵金(きょきん)を集め、高島屋に依頼して作ったものです。図案は校章とスクールカラーを配することを条件として高島屋に一任したもので、制作費は15,000円でした。
三代目となる現在の校旗は、二代目のデザインを踏襲して2008年1月に作製されたもので、2008年3月の学位授与式で初めてお披露目されました。

略旗

略旗

校旗が学位授与式・入学式で使用されるのに対し、略旗はその他の大学主催の行事および校友の会合において、大学のシンボル旗として使用されています。
略旗のデザインの起源については、もともと応援団の「団旗」によるものと考えられますが、寸法などが不明確であったため、1990(平成2)年、正式に縦180cm、横270cmとし、また中央の「H」の位置をはじめとする細かな寸法も定められました。

襟章(バッジ)

襟章(バッジ)

1958(昭和33)年、それまで学部ごとに作られていたバッジを統一しようと、学生から図案を募集しました。数多くのアイデアの中から、経済学部第二部3年生の宇津木牧男くんの作品を原図案として、のちに東京オリンピックのシンボルマークをデザインした亀倉雄策氏にデザインを委嘱、現在のバッジができました。
法政大学のスクールカラーである法政ブルーとオレンジを使い、法政ブルーの地にオレンジ色の「H」の文字をあしらっています。

校章

校章:法政大学

校章・法政大学

法政大学の最初の校章は、「大学」の文字の左右に「法政」の文字を記したものでした。その後、1921(大正10)年の頃には「大」と「学」との間に法政の欧文イニシャル「H」を挿入したものが用いられました。
1922(大正11)年、予科の山崎静太郎教授(楽堂と号して能楽の研究家・批評家でもあった)の創案で、「H」の文字を王冠で囲んだ金モールの予科の校章ができました。
現在の校章は、1930(昭和5)年に制定されたもので、これも山崎教授の考案です。
大学の二字を亀の子型に図案したもので、長い伝統と永遠の真理を表しています。

※この校章は学校法人法政大学の登録商標です。

校章:法政大学高等学校、法政大学第二中・高等学校

校章・法政大学高等学校、法政大学第二中・高等学校

この校章は大正8(1919)年、大学令による大学予科が設置されたとき、法政大学予科の徴章として制定されたもので、現在は法政大学高等学校、第二中・高等学校の校章になっています。
徴章の中心に「Hosei」の頭文字の"H" 、下は「University」の頭文字の“U”を表わし、上に王冠をいただいています。この王冠はフランス型の王冠で、法政大学の前身東京法学社が明治13(1880)年に設立され、自由民権と人類普遍の自然法を謳歌したフランス法思想を命脈として、教学の指導者にフランス人法学者ボアソナード博士があたったことから、フランス型の王冠にしたと伝えられています。

※この校章は学校法人法政大学の登録商標です。

校章:法政大学女子高等学校

校章・法政大学女子高等学校

付属校として誕生した翌年の1950(昭和25)年4月に制定されました。
全体の形は盾で、Chastity(清純)をあらわします。HOSEI UNIV.の地の水色は清らかさを、文字のオレンジは情熱をあらわしています。左上はクラウンHで、法政大学の伝統ある紋章です。右下のSは高等学校(Senior)を表します。

※この校章は学校法人法政大学の登録商標です。

校章:法政大学中学校

校章・法政大学第一中学校

法政大学中学校の校章は、現在の法政大学高等学校の前身である旧制の法政中学校の校章を引き継いだものです。
これは学制が旧制から新制に変わる中で、本来なら新制の高校へと引き継がれるところですが、当時は新旧学制の変更や旧制の法政大学商業学校との再編の狭間で、前身を問うのではなく、同じ「中学」としての校章が引き継がれました。

※この校章は学校法人法政大学の登録商標です。

ブランドマーク

ブランドマーク

さまざまな方面でエネルギッシュに躍動する法政大学の姿を、Hの文字でシンボリックに表現しました。つねに挑戦を続ける行動力とそれによってもたらされる可能性や柔軟性、その広がりをデザインしています。

エンブレム

エンブレム

ブランドマークと同様の考えに基づき、エネルギッシュに躍動する法政大学の姿を装飾性の高い華やかなイメージを大切にして、エンブレムに表現しました。
法政大学への誇りと愛校心の集約した、汎用性の高いエンブレムです。
法政大学の伝統ある校章とその頭文字H、そして、シンボルモチーフを組み合わせました。
シンボルモチーフの、羅針盤は、「その先の自分」の進む方向性を示す「進歩」の象徴、鳥の羽は、その進む方向に向かって「自由」に飛翔する強い意志の象徴です。

法政大学憲章(“約束”部分)

法政大学憲章(“約束”部分)

法政大学として積極的な情報発信をする際に使用する約束(将来にわたって本学が果たすべき役割や提供する価値を約束として取り纏めたもの)です。法政大学のブランド価値を端的に、大学内外を問わず、伝える役割を担います。また「法政大学憲章」の本文ともあわせて使用します。

法政大学キャラクター「えこぴょん」

法政大学キャラクター「えこぴょん」

2008年、学内公募により「法政大学環境改善活動推進キャラクター」として決定。
2013年11月大学キャラクターとなりました。