HOME > 法政大学について > 法政大学憲章、ミッション・ビジョン、理念・目的、各種方針 > 教育目標・各種方針 > 大学の教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)


大学の教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

本学は「自由と進歩」の精神に基づく教育目標と学位授与の方針を実現するために、多様な教養科目と各学部の特色を活かした高度な専門科目を展開し、日本社会の課題解決に貢献する教養ある市民の育成に取り組んできた。今後はさらに、先に述べた大学全体の教育目標と学位授与の方針を実現するために、次のような教育課程編成・実施の方針を定立し、全学的な徹底を図る。

  1. 「自由と進歩」の精神を理解し「自由を生き抜く実践知」を身に付けるために自校教育を継続し、大学憲章を学ぶ教育に発展させる。
  2. 主体的、自主的、能動的な姿勢が身に付き、一定の思考力、判断力、表現力を獲得するために、少人数の初年次教育とゼミ教育および、それに準ずるさまざまな少人数教育を拡大する。
  3. 自然科学、社会科学による論理的分析的思考力を身に付けるために、リベラルアーツおよび共通科目の中の関連科目を充実させる。
  4. 基本的な日本語、外国語、メディア・リテラシーの能力を獲得し、人文科学を基礎にした広い人間理解を身に付けるための教育科目をさらに充実させる。
  5. 複数の言語を用いて自己の意見を表明し、他者に配慮しながら積極的に意見交換することができるよう、すでに機能している英語強化プログラム、各種留学制度、英語による講義・ゼミなどを、さらに充実させる。
  6. 「持続可能な地球社会の構築」に貢献できるよう「サステイナビリティ・プログラム科目」を設置する。
  7. 日本の文化、歴史、社会、技術を総合的に学び、国外において日本に関して多面的、客観的に理解し発信することのできる能力を持つことができるよう、共通科目を設置する。
  8. 大規模授業においても、インターネットを活用しカリキュラムの統合整理を図り、キャンパス再構築に役立てる。同時に、通信教育をはじめとする生涯教育の可能性が高まっていることから、メディア授業を全学へ展開する。さらに予習復習の方法としてeラーニングを活用する。
  9. 学修ポートフォリオの導入により、学生が自らカリキュラムを選択し、目標を立てて達成度を確認できるようにする。
  10. セメスター、クォーター、コースナンバー制度、GPAのさらなる活用によって、単位互換の国際通用性を高め、さまざまな留学機会を活用し、世界で生き抜く能力を養えるようにする。
  11. すでにシラバスは明瞭なフォームに従って作成されているが、今後もより分かりやすく改善すると同時に、英語シラバスも完成させる。
  12. 各学部のカリキュラム・ポリシーによる専門科目は、上記の方針と矛盾のない範囲で、独自の編成と方針を持つ。
  13. 付置研究所などの学内における研究機関と学部・研究科における教育・研究との連携を強化する。

各学部・研究科・通信教育課程の大学の教育課程の編成・実施方針