学生の支援に関する方針

基本方針

多様な価値観をもった学生が、一人一人充実した学生生活を送るために、学修に専念することができる環境を整備し、学生の人間的成長と自立を促すための支援体制を構築する。

 

修学支援

  1. 修学に関する相談体制を整備し、学生の必要とする修学支援を各部局が連携し、教員と職員が一体となって実施する。また全ての学生が安心して教育を受けられるように、奨学金制度や障がい学生支援制度を充実させる。
  2. 図書館を多角的・自発的な学習の「場」として提供し、情報リテラシー能力の向上のための支援を行うとともに、情報通信設備を整えて、修学環境を整備する。
  3. 成績不振者、留級生および休・退学者については、状況を把握し、具体的な対応を講じる。
  4. 大学院生の研究活動を支援するために、学会等における報告、論文作成時に必要な各種支援制度などを充実させる。さらに博士後期課程の大学院生には、研究費の支給や優秀な博士論文に対する刊行助成などを行う。

 

生活支援

  1. 学生の人間的成長と自立を促すため、サークル活動、ボランティア活動、ピアサポート活動などの支援を強化し、各種プログラムの充実を図る。
  2. 学生の抱える問題、とりわけメンタルな問題に対処するため、学生相談・支援室の機能を強化する。またハラスメント相談室の機能を強化するとともに、防止に向けての啓発活動を継続的に展開する。留学生については、良好な住居の確保、留学生アドバイザー制度の設置などを通じて、留学生の生活支援体制を整備する。
  3. スポーツ文化の振興に向けて、体育会各部の健全なスポーツ活動に対する支援体制を整備する。また診療所を中心として学生の健康の維持管理を図るとともに、感染症対策など危機管理体制を整備する。

 

進路支援

  1. 学生一人一人のキャリア形成を実現するために、キャリア形成教育プログラムを正課内に設置するなど、系統的・継続的なキャリア形成教育を実施する。
  2. キャリアセンターによる就職相談、上級生や卒業生からのサポートなどを通して、学生の個性を大切にした進路支援を実施する。またキャリアガイダンスや公務員講座・法職講座・会計専門職講座の充実など、就業力の向上に向けた体制を強化する。
  3. 大学院生に対しては、大学院で習得した高度な知識、研究能力を生かして、職業的、社会的な役割を果たせるように、適切な進路支援措置をとる。
  4. 留学生に対しては、大学で習得した知識、教養に加えて、日本での異文化体験を生かして、職業的、社会的な役割を果たせるように、適切な進路支援措置をとる。