大学の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本学では、先に述べた教育目標を達成するために、本学学生が本学における教育と学習を通じて次の能力を修得することを大学全体の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)としている。

  1. 本学の理念である「自由と進歩」の精神を理解し、「自由を生き抜く実践知」の生涯にわたる獲得の基盤が身に付いている。
  2. 主体的、自主的、能動的な姿勢が身に付き一定の思考力、判断力、表現力を獲得している。
  3. 論理的分析的思考力が身に付いている。
  4. 基本的な日本語、外国語、メディア・リテラシーの一定の能力を獲得することで、広い人間理解が身に付いている。
  5. 複数の言語を用いて自己の意見を表明し、他者に配慮しながら積極的に意見交換することができる。
  6. 異なる価値観や文化、生活に直接触れる「グローバル体験」を経ることによって、グローバルな視点をもちつつ、地域社会の価値への深い認識を獲得している。
  7. 「持続可能な地球社会の構築」への理解と、その実践知が身に付いている。
  8. 人文科学、社会科学、自然科学などの基礎学問をもとに、各学部における専門分野を修得している。
  9. 人文科学、社会科学、自然科学などの基礎学問と、その応用との関係を学び、それぞれの学問分野の関連を理解している。
  10. 日本の文化、歴史、社会、技術を総合的に学び、日本に関して多面的、客観的に理解し発信することのできる能力を持っている。

各学部・研究科・通信教育課程の学位授与方針