人文科学研究科

本研究科全体としては、所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して修士の学位、博士の学位を授与する。各専攻の詳細については、各々の専攻の記述を参照してほしい。

  1. 母語、外国語を問わず、一定以上のコミュニケーション能力を備えている
  2. 一定以上の論理的思考力を有し、それをもってさまざまな課題を発見し解決することができる
  3. 各専門分野に関する一定以上の専門知識ならびに一定以上の幅広い教養を修得している
  4. 修士の学位については、自らの研究テーマに必要な研究方法を確実に身につけ、その研究テーマについての先行研究を踏まえて、それらの成果や結果についての知識を十分に修得している
  5. 博士の学位については、修士の学位授与資格に加えて、当該の研究分野に独自の知見を新たに加えることにより当該の研究分野に貢献する能力を備えている

各専攻・インスティテュートの詳細は、以下の通りである。

哲学専攻

哲学専攻では、所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して修士の学位、博士の学位を授与する。

  1. 一定以上の外国語能力を備えている
  2. さまざまな課題を発見し解決することができる、一定以上の思考力を有している
  3. 哲学に関する一定以上の専門知識ならびに一定以上の幅広い教養を修得している
  4. 修士の学位については、自らの研究テーマに必要な研究方法を確実に身につけ、その研究テーマについての先行研究を踏まえて、論理的でかつ説得力があるという点で、一定以上の学術的能力を有している
  5. 博士の学位については、修士の学位授与資格に加えて、当該の研究分野に新たな知見を加えることにより当該の研究分野に貢献する能力を備えている

日本文学専攻

修士の学位授与にあたっては、必要な単位を修得し、日本の文学・言語・芸能の歴史に関わる基本的な知識・研究能力を身に付けるとともに、修士論文の提出を求める。「文芸創作研究プログラム」では、修士論文に代わる「文芸創作」「研究副論文」の提出を認める。博士の学位授与にあたっては、コースワーク制に必要な単位を修得し、高度で専門的な研究能力を身に付け、学術の発展に貢献できる水準に達した博士論文の提出を求める。

英文学専攻

  1. (修士課程)当該分野において、学生各自の選んだ研究テーマに必要な研究方法論を確実に身につけ、かつ、そのテーマについての先行研究を踏まえ、そのさまざまな成果や結果についての知識を十分に修得している。これらの能力は、英文学専攻及び国際日本学インスティテュートに設置された科目を履修するともに、学位論文を執筆することにより獲得される。
  2. (博士後期課程)上記の修士の学位授与資格に加えて、当該分野に独創的な知見を新たに付け加え、各々の研究分野に独自の貢献をなすことができる。これらの能力は、英文学専攻及び国際日本学インスティテュートに設置された科目を履修するとともに、学位論文を執筆することにより獲得される。

史学専攻

史学専攻のカリキュラムのもと所定の単位を修得し、以下に示す能力およびスキルを習得した者に対し、「修士(歴史学)」または「修士(学術)」の学位を授与する。

  1. 史料批判を通して歴史像を再構成するという実証的研究能力およびスキル。
  2. 従来の研究における問題を発見した上で独自性・独創性に富む課題を設定し、その解決に必要な史料を収集・整理・分析し、さらに成果をまとめ発表する能力およびスキル。
  3. 研究・学習における発表・討論・質疑応答などを通して培われる、学術性を備えたコミュニケーション能力およびスキル。
  4. 生涯にわたって研究・学習を継続する意欲を持ち、過去・現在・未来を長期的に展望、考察する歴史的思考力。
  5. 博士の学位については、修士の学位授与資格に加えて、自らの専門領域の研究をさらに深め、研究者としてふさわしい社会的評価を得る成果をあげた者に対し、「博士(歴史学)」または「博士(学術)」の学位を授与する。

 

地理学専攻

  1. (修士課程)修士の学位は、学生が自らの研究テーマに必要な研究方法を身につけ、地理学専攻または国際日本学インスティテュートに設置された科目を通じて研究テーマに関する専門知識を十分に修得し、研究上新たな知見を獲得した場合に授与される。
  2. (博士後期課程)博士の学位は、修士の学位授与方針に加えて、地理学専攻または国際日本学インスティテュートに設置された科目を通じて高い専門性と独創性を修得し、当該分野に独自の知見を新たに加えることにより当該の研究分野に貢献するものとして博士論文が認定された場合に授与される。地理学専攻では博士論文の作成にあたって2本以上の学術雑誌掲載論文、論文博士は3本以上の学術雑誌掲載論文によって構成されることを内規で定められている。

心理学専攻

心理学専攻のカリキュラムのもと所定の単位を修得し、以下に示す知識や技能を心理学諸学会で求められる水準以上で習得した学生に対して「修士(心理学)」の学位の授与を認める。自らの専門領域の研究をさらに深めることで、これらの知識や技能を学問の発展に寄与できる水準にまで習得した学生に対して「博士(心理学)」の学位の授与を認める。

  1. 人の認知について科学的理解をすることができる。
  2. 人の発達について科学的理解をすることができる。
  3. 観察・実験・調査を通して、心の機能を測定し、分析することができる。
  4. 国内外の先行研究や社会的要請をふまえて、自ら課題を設定することができる。
  5. 研究・学習成果を的確に他者に伝えることができる。
  6. 研究・学習目標を達成するために、他者と協働することができる。

国際日本学インスティテュート

国際日本学インスティテュートでは、所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して修士の学位、博士の学位を授与する。

  1. 一定以上の外国語能力を有していること
  2. 国際的・学際的な視点からさまざまな課題を発見し解決することができる、一定以上の思考力を有していること
  3. 日本に関わるさまざまな分野に亘って一定以上の専門知識ならび幅広い教養を修得していること
  4. 修士学位については、国際日本学に関わって、自らの研究テーマに必要な研究方法を確実に身につけ、その研究テーマについての先行研究を十分に踏まえて、論理的かつ説得力のある文章による修士論文を取りまとめた点において、一定以上の学術的能力を有していること
  5. 博士学位については、修士学位授与資格に加え、国際日本学に関わって、新たな知見を加えることにより当該の研究分野の発展に貢献する博士論文を取りまとめた点において、一定以上の学術的能力を有していること

page top

国際文化研究科

修士課程

■国際文化研究科は、所定の単位の修得及び修士論文(またはリサーチペーパー)により、以下に示す水準に達した学生に対して「修士(国際文化)」を授与する。

  1. 「国際社会に存在する多様な地域文化間の相関関係」「多文化・多民族社会での共生」「様々なメディアが介在する情報化社会における文化交流・認識」の3つの研究領域の基盤的な知識と方法論を十分備えている。
  2. 異文化間で生じる課題に対して、既存文献や先行事例を体系的に理解した上で批判的に評価し、公表に値する新たな視点を見出す独創性を有する。
  3. 異文化間の理解や交流に関わる研究の知を現実の問題発見や実務的な問題解決に結びつけて実践知とすることができる。
  4. 質的・量的調査を通して一次資料を発掘する能力を有し、分析結果を口頭表現や文章表現、あるいはICT等を活用して論理的に伝えることができる。

博士後期課程

■国際文化研究科は、所定の単位の修得及び博士論文により、以下に示す水準に達した学生に対して「博士(国際文化)」を授与する。

  1. 「国際社会に存在する多様な地域文化間の相関関係」「多文化・多民族社会での共生」「様々なメディアが介在する情報化社会における文化交流・認識」の3つの研究領域の最先端の専門知識と方法論を十分備えている。
  2. 異文化間で生じる課題に対して、外国語文献を含めた国内外の先行研究を体系的・網羅的に理解した上で批判的に評価し、単著として公表するに値する独創的な研究成果を生み出す能力を有する。
  3. 異文化間の理解や交流に関わる研究の知を現実の問題発見や実務的な問題解決に結びつけて実践知とすることの意義を認識した上で後進の指導・教育を行うことができる。
  4. 独立した研究者として研究プロジェクトを企画・運営し、外国語(非母語)を使って構想から成果までのプロセスを的確に伝達するためのプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を備えている。

page top

経済学研究科

修士課程

本研究科では、教育目標に沿って研究水準を適切に評価し、所定の単位の取得と、適切な指導のもとに院生が実現する研究活動の成果である修士論文、または、リサーチ・ペーパーの提出により、以下に示す水準を達成した学生に対して、「修士(経済学)」を授与する。

  1. 「応用エコノミスト」・「高度職業人」、生涯学習としての「高度教養人」の養成のために必要とされる経済学の学識と研究能力を有する
  2. 世界各国から経済学の学識を得、また、発進するために語学力を備えている
  3. 各研究分野における「応用エコノミスト」・「高度職業人」、「高度教養人」としての自立的研究能力を有する

博士後期課程

本研究科では、教育目標に沿って、研究水準を適切に評価し、所定の単位の修得と、適切な指導のもとに院生が実現する研究活動の成果である博士論文の提出し、以下に示す水準を達成した学生に対して、「博士(経済学)」を授与する。また、博士5年一貫(Ph.D.)プログラムでは、博士論文基礎力審査(QE)合格者に「修士(経済学)」を授与する。

  • 国際社会に発進力のある新たな知的創造のために必要な研究遂行能力を到達目標とし、その達成を学位授与の要件とする。

page top

法学研究科

修士課程

所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して「修士(法学)」を授与する。

  1. 法律学分野に関する高度な専門的知識を修得した学生。
  2. 現代社会における多様な問題を的確に分析し、説得力のある法的議論を展開する能力を修得した学生。
  3. 先行研究、外国文献等の必要な資料を渉猟し、学術的な意義のある論文・リサーチペーパーを作成するための基礎的な研究能力を修得した学生。
  4. 所定の年限に修士(法学)に価する論文・リサーチペーパーを作成した学生。

博士後期課程

  1. 研究者として自立するに足る高度な研究能力を修得した学生。
  2. 比較法を含む先端レベルの法律知識を修得した学生。
  3. 所定の年限に現代社会に貢献し得る独創的かつ高度な学術的意義のある博士論文を作成した学生。

page top

政治学研究科

本研究科では、政治学専攻、国際政治学専攻ともに、修士課程については、規範論、実証論、現場の知の均衡のとれた複合的な修得を求める、博士後期課程については、さらに加えて各研究領域における最先端の学識レベルに到達することを求める。

政治学専攻の修士課程では、本研究科に置かれた科目および他専攻に置かれた関連科目の履修により、専門知識ならびに幅広い教養を習得し、教員による指導の下で適切な研究テーマを設定し、修士論文を完成させることが求められる。修士論文は、研究テーマに係る先行研究を十分ふまえ、適切な方法と論考によって、独創的な知見が展開されていることが求められる。論文は査読と口頭試問により審査され、論文の学術的水準と高度職業人たる資質について合格した者に修士の学位を授与する。 

国際政治学専攻においては、専門知識や幅広い教養に加え、語学力が重視される。教員による指導の下で適切な研究テーマを設定し、修士論文もしくはリサーチペーバーを完成させる。修士論文とリサーチペーバーのいずれについても、先行研究を十分ふまえ、適切な方法と論考によって、独創的な知見が展開されていることが求められる。査読と口頭試問により審査されるが、外国語によるコミュニケーション能力も求められ、論文の学術的水準と国際的に活躍する職業人たる資質について合格した者に修士の学位を授与する。

博士後期課程については、両専攻とも、修士の学位水準に加えて、それぞれの研究テーマについて、独自の知見を新たに加えるなど最先端の水準に到達し、自立した研究者たる力量を示すことが求められる。博士論文は、3名以上の審査小委員会で精査された後にその他の教員を加えて口頭試問を行い、教授会の投票を経て合格した者に博士の学位を授与する。

page top

社会学研究科

社会学研究科は、所定の単位の修得、および学位論文の審査によって、つぎに示す能力を有すると認められる者にたいして、修士課程にあっては「修士(社会学)」の、博士後期課程にあっては「博士(社会学)」の学位を授与する。

  1. 修士課程では、現代社会の広範な社会問題を、社会学、メディア論、国際社会論、および隣接する社会諸科学、人文諸科学の成果の的確な理解に基づいて認識し、(1)その解明と理論化に取り組むことのできる研究遂行能力、(2)一般企業、メディア企業、国際機関などの高度専門職業人として求められる社会的諸課題にかんする深い学識を備え、社会調査などを実施できる専門的な能力、(3)現代社会の複雑化した社会問題にかんする深い学識を備え、多様な視点と先見性をもって実践的に課題解決法を導き出す能力のいずれかを有する。
  2. 博士後期課程では、社会学分野における先端的な研究課題を、(1)諸先行研究の成果の十分な理解と批判に基づいてみずから構成し、その解明と理論化を、社会学および隣接する社会諸科学、人文諸科学の学術研究として取り組むことのできる高度な研究遂行能力と、(2)学術論文、学位申請論文の問題構成と構想から執筆に至るまでの過程を自立して遂行する研究能力を有する。

page top

経営学研究科

所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して「修士(経営学)」、あるいは「博士(経営学)」を授与する。

  1. 修士課程では、経営学分野(関連分野を含む)の多様な授業と、個別指導及びコース別集団指導に基づく修士論文の準備・作成によって、経営学分野(関連分野を含む)の研究能力、または高度の専門性を要する職業等に必要な能力を有する。
  2. 博士後期課程においては、研究者として自立して研究活動を行ない、またはその他の専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を十分備えている。

page top

工学研究科(2013年度より学生募集停止)

工学研究科では高度の専門知識を持ち21世紀のグリーン・サステイナブル社会に貢献できる人材の養成を目指している。そのために学位授与あたっては修士課程では幅広く活躍できる高度な専門職業人(研究者技術者)を養成する。さらに専攻を越えて以下のことを重視している。

  1. 専門分野の高度の知識を身に付けること。
  2. 自分の研究していることを他人に伝えるプレゼンテーション能力を研鑽すること。そのためには研究内容を自分の言葉で語れることが必要である。
  3. 地球環境に配慮した研究者・技術者であること。

博士後期課程では修士課程修了者の中から人材を厳選して入学させて教員の個別指導により高度な企画力を持った技術者自立して研究を遂行できる研究者を養成する。

page top

人間社会研究科

所定の期間在学し、所定の単位を修得したうえで、現代社会の中にWell-beingを実現することができる人材の育成という本研究科の教育目標を踏まえ、以下の水準に達した院生に学位を授与する。

福祉社会専攻

 福祉社会の形成に関わる専門知識と研究方法を習得し、それらにもとづく基礎的な研究力を、高度な職業活動や実践的な研究において生かすことが可能な、以下の知識と能力を有する院生に「修士(福祉社会)」・「修士(学術)」を授与する。

【DP1 専門知識】 社会福祉及び地域づくりと研究方法に関する必要な専門知識を有する
【DP2 読解力】  内外の先行研究を正確に読み取ることができる
【DP3 表現力】  文章および口頭により、自身の考えを他者に論理的に伝達できる
【DP4 実践能力】 職業人もしくは研究者として必要とされる実践を行なえる
【DP5 研究力】  自発的に研究課題を設定し、計画的、系統的に研究を遂行できる

臨床心理学専攻

心のケアの専門家に必要とされる専門知識と研究方法を習得し、それらにもとづく基礎的な研究力を高度な職業活動や実践的な研究において生かすことが可能な、以下の知識と能力を有する院生に「修士(臨床心理学)」を授与する。

【DP1 専門知識】 臨床心理学と研究方法に関する必要な専門知識を有する
【DP2 読解力】  内外の先行研究を正確に読み取ることができる
【DP3 表現力 】 文章および口頭により、自身の考えを他者に論理的に伝達できる
【DP4 実践能力】 職業人もしくは研究者として必要とされる実践を行なえる
【DP5 研究力】  自発的に研究課題を設定し、研究を遂行できる

人間福祉専攻

先端の研究課題を設定し、それに対して、創造的な答えを導き出し、自立して研究を行なうことが可能な、以下の知識と能力を有する院生に「博士(人間福祉)」、「博士(学術)」を授与する。

【DP1 専門知識】 先端的研究と研究方法に関する高度な専門知識を有する
【DP2 読解力】  内外の先行研究を正確かつ批判的に読み取ることができる
【DP3 表現力】  文章および口頭により、自身の考えを他者に論理的に伝達できる
【DP4 実践能力】 職業人として必要とされる高度な実践能力を有する
【DP5 研究力】  先端の研究課題について、オリジナリティ豊かな結論を導き出し、論証できる

page top

情報科学研究科

大学の学位授与方針のもと、所定の期間在学し、所定の単位を修得した上で、以下に示す水準に達した学生に対し、学位を授与する。

修士(博士前期)課程では、所定の単位を修得し、修士論文の審査に合格することで「修士(理学)」を授与する。この場合の審査は、独創性や創造性を要求する研究タイプと、高度な情報科学技術を駆使してプロジェクトを遂行できる能力を要求する開発タイプとで行う。

(研究タイプ)
1.専門分野で十分な素養を身に付けていること、および、新規性のある概念等を構成できること。
(開発タイプ)
2.専門分野で十分な素養を身に付けていること、および、既存の概念を組み合わせて有用な成果物を生み出す技術力を有すること。

博士後期課程では、所定の単位を修得し博士論文の審査に合格することで「博士(理学)」を授与する。審査にあたっては、上記の基準に加えて以下の項目を条件とする。

3.情報科学の分野全般で高度な素養をもち、新しい研究領域あるいは新しい応用領域の開拓を行う能力をもつこと。
4.新しい手法を提案するか、従来の手法の性能を著しく高めること。

page top

政策創造研究科

政策創造研究科の学位授与については上記の理念や目的・目標に基づいて以下のように方針を定める。
修士課程の学位を授与するにあたっては、政策形成に関する幅広い関連知識や多様な研究スキルの習得とともに広い視野、現場感覚やある程度の実務も要求される。したがって、(1)専門的かつ学際的な知識の修得、(2)事例分析及び社会調査に関する知見・能力の修得、(3)既存研究のレビュー・理論的な枠組みの構築、(4)社会問題解決に向けての政策提言能力の修得、そしてその上で(5)実習や中間発表における助言・指導 を踏まえて今後の研究活動や社会活動に展開しうる水準に達した修士論文を完成した者に授与する。教授会の合議により認定することを基本としている。なお修士論文と政策研究論文の選択が可能である。
博士後期課程の学位については修士課程での研究実績が優れた者であって、さらに研究領域に関する専門知識やシステム的な分析手法を修得した上で、新たな知見につながる発見・解明、独創的な問題設定や理論的視点、実社会に貢献する新奇性の高い政策理念の提出などが十分に認められた者に授与する。中間発表はもとより学会誌投稿論文、一定の語学基準の達成を博士論文提出の条件としている。

page top

デザイン工学研究科

デザイン工学研究科では、修了者が、総合デザイン力を身に付けた人材として多様化・複雑化した社会の要請に応えることができるため、次の7項目にわたる素養や能力の獲得を学位授与の方針として掲げる。

  1. デザイン目標の発見とそのコンセプトを設定する能力 —企画・立案能力—
  2. 高い個別専門技術を組み合わせデザインする能力 —デザイン能力—
  3. 問題を幅広い観点から捉え、 解を自主的・継続的に見いだす能力 —問題解決能力—
  4. デザインの社会的責任を理解し、 不測の事態にも誠実に対処する姿勢 —職業的倫理
  5. 人類の遺産である歴史と文化を理解する素養 —歴史と文化ヘの理解—
  6. 地球環境の視点から、 持続可能な社会づくりに貢献できる資質 —地球環境ヘの理解—
  7. 研究 ・企画内容を論埋的に記述し、 口頭で発表し討議する能力 —表現・伝達能力—

<修士課程>
修士課程において所定の単位とコ一スワークを履修し、かつ必要な研究指導を受けた上、論文の審査並び最終試験に合格した者に修土 (工学) の学位を授与する。これにより、修士課程では総合デザイン力を身につけた高度な専門職業人として相応しい学識と人格が涵養されたことを証する。

<博士後期課程>
博士後期課程において所定の講義科目とプロジェクト科目を履修し、かつ必要な研究指導を受けた上、論文の審査並びに最終試験に合格した者に博士(工学)の学位を授与する。
これにより、博士後期課程ではより高度な総合デザイン力に基づく企画開発能力を有する教育者、研究者、指導者(専門特化型人材)として相応しい学識と人格が涵養されたことを証する。

建築学専攻

デザイン工学研究科のディプロマポリシーに基づき、以下の素養や能力を備えることを学位授与の方針とする。

  1. 総合デザイン(Holistic Design)を理解し実践する能力
  2. 歴史・文化と建築が不可分であることを理解する素養
  3. 持続可能な地球と社会の実現を図るグローバルな職業倫理
  4. 安心な生活・安全な構造・快適な環境を実現する専門技術力
  5. 技術発展と芸術創造に関する相補的で均衡ある理解
  6. 企画・設計作業に必要な高度なIT能力
  7. アイデアを論理的に記述し、口頭で発表し討議する能力

都市環境デザイン工学専攻

社会基盤システムの整備に係る分野で、デザイン工学研究科のディプロマポリシーに記載された条件を満たす人材に学位を授与する。

システムデザイン専攻

修士課程
モノつくりやシステムつくりの創生プロセスにおける分野で、デザイン工学研究科の修士課程ディプロマポリシーに記載された条件を満たす人材に学位を授与する。

博士後期課程
モノつくりやシステムつくりの創生プロセスにおける分野で、デザイン工学研究科の博士課程ディプロマポリシーに記載された条件を満たす人材に学位を授与する。

page top

公共政策研究科

公共政策分野が抱えている諸課題の解決には、高度な専門性と政策立案能力が求められている。また、様々な学問領域を横断的に捉え統合化する柔軟な能力が必要である。本研究科では、これらの力が修得された者に対して学位を授与する。具体的には次の方針を採っている。

【修士課程】
所定の単位を修得しさらに研究論文の提出により次のことが認められる者に修士の学位を授与する。
(1) 統合的・学際的視点の重要性を認識し、自ら課題を発見・設定することができる
(2)複雑化する諸問題に対する解決策が提案できるなど合理的、論理的な思考ができる
(3)幅広く深い専門的知識を持ち、新たな価値を生み出す創造的な思考ができる
(4)研究成果を実務において展開することができる

【博士後期課程】
上記の内容に加えて、所定の単位を修得しさらに研究論文の提出により次のことが認められる者に博士の学位を授与する。
(1) 公共政策分野における課題を高度な手法によって分析・検証し、具体的な研究計画を立案し遂行することができる
(2) 幅広く深い学問的専門知識を具体的な問題に結び付け、課題解決へ向けてより具体的で適切な政策を立案するなど、より高度で積極的な提言ができる
(3) 行政部門、企業部門、国際機関、市民組織などの各分野において、研究内容を実際の現場にフィードバックできるより高度な実務能力をもつ

公共政策学専攻

【修士課程】
所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して、修士(公共政策学)を授与する。
(1) 高度な専門知識と領域を横断する柔軟性をもち、自らの専門分野を俯瞰的に捉え公共政策に関する諸課題を研究することができる
(2) 複雑多様化する諸問題の解決方法等を構想する論理的思考ができる
(3) 自ら課題を発見・設定し、その解決策を模索するなどの創造的思考ができる
(4) 戦略的な視野を持ちつつ高度な専門知識に裏打ちされた合理的意思決定ができる

【博士後期課程】
上記の修士課程に対する内容に加えて、所定の単位の修得し、研究科の定めた博士論文受理基準を満たしたうえで、さらに研究論文を提出し、以下に示す水準に達した学生に対して、博士(公共政策学)を授与する。
(1) 公共政策分野における課題を高度な手法によって分析・検証し、具体的な研究計画を立案し遂行することができる
(2) 幅広く深い学問的専門知識を具体的な問題に結び付け、課題解決へ向けてより具体的で適切な政策を立案するなど、より高度で積極的な提言ができる
(3) 行政部門、市民組織などの各分野において、研究内容を実際の現場にフィードバックできるより高度な実務能力をもつ

サステイナビリティ学専攻

上記の目標に関連し、本専攻では次の様な方針を採っている。

【修士課程】
修士課程では、所定の単位の修得と研究論文の提出により、次の(1)~(4)が認められる者に対して「修士(サステイナビリティ学)」を授与する。
(1) 高度な専門知識と領域を横断する柔軟性をもち、自らの専門分野を俯瞰的に捉えサステイナビリティに関する諸課題を研究することができる
(2) 複雑多様化する諸問題の解決プロセスを構想する論理的思考ができる
(3) 自ら課題を発見・設定し、新しい解決策を模索するなどの創造的思考ができる
(4) 戦略的な視野を持ちつつ高度な専門知識に裏打ちされた合理的意思決定ができる

【博士後期課程】
博士後期課程では、所定の単位の修得と研究論文の提出により、次の(1)~(3)が認められる者に対して「博士(サステイナビリティ学)」を授与する。
(1) 現代社会を取り巻く諸問題を、例えば法学、行政学、経済学、経営学、社会学、自然科学などの高度な手法によって分析することができる
(2) 特定の研究課題に領域横断的・統合的なアプローチを適用し、課題解決のための具体的で適切な政策を立案するなど、より高度な学問的・実践的な提言ができる
(3) 行政部門、企業部門、国際機関、市民組織などの各分野において、より高度な実務能力をもって研究内容を現場の課題解決に生かすことができる

page top

キャリアデザイン学研究科

「経営学、教育学と隣接する学問分野をバックグラウンドにした個人のキャリアの学際的な解明」、「企業、公共団体、NPO、大学・高校などでキャリア支援を担う高度職業人の養成」という教育理念を踏まえ、学位授与にあたっては、学際的な専門知識をベースにしながら、自らの職業経験を生かした研究課題を設定し、社会調査の手法を駆使して、実証的な課題解明ができることを重視する。

page top

理工学研究科

先に掲げた教育目標に照らし、修士課程においては、高度な技術者・研究者として備えるべき、以下に示す学力と能力を修得した者に学位を授与する。

  1. 高度な専門知識と技術を身に付けていること。
  2. 研究内容を自身の言葉で論理的に説明できる能力を身に付けていること。
  3. 真摯な態度で学術全体を俯瞰し、地球環境等に配慮できること。

博士後期課程においては、上記の能力に加えて、高度な研究企画力を有し、自立して研究・開発を実践し、技術者・研究者として活動できる者に学位を授与する。

 

page top

スポーツ健康学研究科

下記の能力を備えた学生に学位を授与します。
(知識・理解)
● 豊かな人間性と社会性を支える広い教養を見につけている。
● 「スポーツ」と「健康」およびそれらをとりまく「社会環境」について体系的に理解している。
(思考・判断)
● 自らの設定した課題について、スポーツ、健康、生涯スポーツのいずれかの領域の研究方法を用いて、考察することができる。
(関心・意欲)
● スポーツ健康学の知を実践の力へと高めることができる。
● 積極的にスポーツ・健康づくりに自身の役割を自覚することができる。
(態度)
● スポーツ健康学の知を持って社会のニーズに応えることができる。
● 健康増進やスポーツの社会的発展に寄与できる。
(技能・表現)
● スポーツと健康づくりに関わる各種の教育や事業を企画・立案、管理・運営、実践・指導、点検・評価することができる。

page top