HOME > 法政大学について > 情報公開 > 社会貢献 > 公共事業及び政策に対する貢献状況


公共事業及び政策に対する貢献状況

本学では、施設整備事業(新築工事、修繕工事、改修工事等)を実施する際に、官公庁および自治体の各種条例等に定める基準・政策に応じた工事計画を立案・実施しています。

2018年5月1日現在

各自治体の緑化条例等の指導に基づいた屋上緑化、壁面緑化等の実施

(例)
屋上緑化(庭園):ボアソナード・タワー、富士見ゲート、外濠校舎、58年館、富士見坂校舎、中学高等学校校舎等
壁面緑化:中学高等学校体育棟等

page top

各自治体およびハートビル条例等の指導に基づいたバリアフリー化の実施

(例)
新築工事:ボアソナード・タワー、富士見ゲート、外濠校舎、小金井中央館、川崎保健体育棟、二中高新校舎等
改修工事:市ヶ谷田町校舎、多摩総合棟等

page top

各自治体の環境確保条例および政策に基づく環境負荷低減対策の実施

(例)
市ケ谷、多摩、小金井、中学高等学校におけるESCO事業の導入
二中高新校舎建設工事における地中熱利用空調システムの導入

page top