HOME > 法政大学について > 情報公開 > 教育研究体制 > 教育体制 > 成績評価基準及びGPA制度について


成績評価基準及びGPA制度について(2-56-2)

学務部教学企画課

成績評価基準について

成績評価を A+ ~ D までの5段階評価とし、かつ合格点を60 点以上とします。

  合格(単位修得) 不合格
評価 A+ A B C D E
点数 100-90 89-80 79-70 69-60 59-0 未受験・他
GP 4 3 2 1 0 0

GPA制度の導入

概要

GPAは個々の学生が受講した全科目の習熟度の平均を以下の計算結果により表すもので、成績通知書、成績証明書などに表示されます。

 GPA

GPAは学習成果を総合的に判断できる指標を提供し、学習意欲の向上や学習計画などの自己管理に資することを目的としています。
ただし、成績優秀者奨学金の学内選抜などに利用される場合があります。

GPAに参入される科目

原則として、2008年度以降に開講する全学部、大学院全研究科、専門職大学院全研究科の全科目。

以上