HOME > 法政大学について > 情報公開 > 経営 > 施設設備等整備の状況


施設設備等整備の状況(4-101)

施設設備の拡充について

本学では、教育・研究環境の一層の拡充と環境配慮型キャンパス創りを図るべく、各キャンパスにおいて、整備事業を進めています。

また、老朽化した施設についても限られた予算の中で、教育・研究活動に支障をきたすことのないよう適切な修繕工事を実施しています。

2018年5月1日現在

市ケ谷キャンパス

2016年8月に富士見ゲートが竣工し、現在大内山校舎建設に向けて工事を進めています。その他、2017年度はボアソナード・タワー外壁修繕工事や図書館1・2階タイルカーペット張替工事等を実施しました。

多摩キャンパス

2008年度より「多摩長期修繕計画」に基づく各種工事を実施しています。この計画は、更新時期を迎えた施設・設備等を更新し、維持するものです。2017年度は総合棟受変電設備更新工事、総合棟から各棟へ電気を供給している構内電気高圧ケーブル更新工事を実施しました。

小金井キャンパス

2017年度は南館の全空調と西館の一部空調の更新工事を実施しました。

付属校

2018年度からの国際高等学校開校のため、2017年度に旧女子高等学校において国際化・共学化に伴う国際バカロレア(IB)教育及び男女共学化の対応に関する施設改修工事を実施し、2018年3月に竣工しました。

 

川崎グラウンド

2017年度は大野球場防球網追加嵩上げ工事等を実施しました。


上記以外にも既存施設の維持と安全性向上のため、整備事業を実施しています。

以 上