HOME > 法政大学について > 大学評価 > 第三者評価委員会


第三者評価委員会

本学においては、2004年度から義務づけられた国の認証評価制度に先駆けて、2003年度に独自に法政大学第三者評価委員会を設置しました。本学第三者評価委員会は、第I期が2003~2004年度、第II期が2005~2007年度、第III期が2008~2009年度において設置され、それぞれの期において報告書が総長に提出されました。概要を以下にご紹介します。

第I~III期法政大学第三者評価委員会は次の委員で構成されました。(2010年3月31日現在)

委員長 児玉 幸治 (財団法人機械システム振興協会会長、元通商産業省事務次官)
委員 天野 郁夫 (東京大学名誉教授)
石井 威望 (東京大学名誉教授)
伊東  洋 (東京医科大学理事長)
大島 雄次 (明治安田生命保険相互会社特別顧問)
古賀 正一 (市川学園理事長・学園長)
今野 由梨 (ダイヤル・サービス株式会社代表取締役社長・CEO)
野田 一夫 ((財)日本総合研究所理事長、多摩大学名誉学長)

報告書

設置の理由

本学における経営の合理性・健全性の維持向上に不可欠なガバナンスの充実及び研究・教育の質的改善・改革の持続的確保を実現することが第三者評価委員会設置の理由です。

役割

第三者評価委員会は,本学の理念,将来構想に照らし,本学における法人業務活動及び研究・教育活動を評価し,必要な提言を行うことがその役割です。

業務

上記の役割を達成するために、総長の諮問に基づき以下の業務を行いました。

  1. 答申に必要な当該年度評価事項の決定に関すること。
  2. 必要な情報に基づく評価の実施に関すること。
  3. 評価の公表に関すること。