校舎炎上

焼け跡に戻ってきた学生たち

焼け跡に戻ってきた学生たち

戦前の法政大学を代表する校舎は、1921(大正10)年に建設された木造三階建ての第一校舎でした。

この校舎は1923(大正12)年の関東大震災でもほとんど無傷でしたが、1945(昭和20)年5月25日から26日にかけての焼夷弾攻撃を受けて第二校舎とともに焼失しました。

幸いなことに、六角校舎、新館(校友会館)、第三校舎(図書館)が残っていたので、他大学と比較すると被害は少ないほうでした。戦災による法政大学の被害度は55パーセントと測定されています。

なお、大学では教員と学生の強い要望に応えるため、終戦から3カ月目には、焼失を免れた第三校舎(図書館)で昼夜の閲覧サービスを開始しました。