HOME > 法政大学について > 法政大学の歴史 > ボアソナード・梅謙次郎没後100年記念企画 > 法政大学草創期とボアソナード・梅謙次郎展


法政大学草創期とボアソナード・梅謙次郎展

法政大学草創期とボアソナード・梅謙次郎展

2010年、法政大学は創立130周年を迎え、ボアソナード、梅謙次郎の没後100年にあたります。
これを記念して、記念式典が行われた9月26日から11月14日の間、関連する貴重資料を展示した「法政大学草創期とボアソナード・梅謙次郎展」、および歴史的な校舎やキャンパス写真をパネル展示した「法政大学史写真展」が外濠校舎の展示スペースで行われました。
これらの中から主なものを紹介しながら、本学草創期にボアソナード、梅が果たした役割の大きさを振り返ります。